音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

【ぴあの教室の創り方】森田の秘密④

二人の生徒が集まったところで…

『おのぉ…ピアノ教室を始めるにはどうしたらいいですか?』

吹奏楽をやっていた頃、学校に出入りしていた楽器店の営業さんに聞いてみた。

私は音大を出ている訳じゃない…。
更には厄介なことに法学部卒であったため、
無資格営業にならないか…
違法営業にならないか…
そんな法的な事が気になった。

『店長を紹介しますので、話をしてみてください』

なんだか…おおごと??

いくらお試しレッスンとは言え、
違法なことをしようとしている?

初めて足を踏み入れた楽器店は
なんだか異質な空間、別世界、場違いな感じがした。

私のピアノに関する経歴、保有グレード、誰に師事していたかを細かく聞かれた。

楽器店の片隅のテーブルで面談している間、
ピアノの先生らしき人が出入りするのが見えた。
誰もこの『面談』の風景に気を止めるわけでもなく、目を合わすわけでもなく、まっすぐ自分の用件だけを済ませていく。
今まで営業や広報の仕事しかしたことのなかった私には、それがとても異質に見えた。

うわぁ…なんだか…別空間に足を踏み入れたのか、私?

私にとって私のピアノの先生がそうであってように『ピアノの先生』イコール『特別な存在』。
私は全然『特別』じゃない…。

少しの後悔…
大きな不安…

どうせ店長からは
『これくらいの経歴やグレードで、ピアノを教えるつもりなんですか?』と冷たくあしらわれるに違いない…。
帰ったら友達に『やっぱり音大を出ていないとダメなんだって~』と断ろうと考えていた。

すると、
『教えられたらいいんじゃないですか?』
想像していた言葉と逆の回答が返ってきた。
法的な制限がないこと、私の保有グレードが問題ないことを丁寧に説明してくださった。

ここで、『さぁ!始めるぞ!』と思えればよかったのだけど、
この異質な空間にこれから飛び込む不安の方が大きかった…。

案の定…

この異質な空間に馴染むのにはかなりの時間がかかったし、
どうして異質に見えたのかを理解するまでにもかなりの時間がかかった。

こうやって、不安だけで始まった『お試しレッスン』…

・・・・続く(笑)




今年は20回目の発表会♪
ちょっと『自分』をふりかえって『ココロの足跡』を少しずつ綴ってみようかと。
【ぴあの教室の創り方】
■森田の秘密③
■森田の秘密②
■森田の秘密①
【ぴあの教室】
メール ohirune.piano1999★docomo.ne.jp
★マークを@マークに変えて送信ください。

e0063675_10470806.jpg


by asukamusic | 2017-05-01 13:07 | ココロ足跡 | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite