音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

【ぴあの教室の創り方】森田の秘密⑨

レッスンを重ねるごとに、
発表会をしてみて、
やっぱり『友達』がほしいと切実に思うように…。

私に全く『友達』がいなかったわけではない。
初めての発表会もどきも、高校時代からの友人や幼馴染みが手伝いに来てくれた。
でも、『こんなときどうしたらいい?』とレッスンのことを語るには『同業者』の『友達』でないと共感しあえないし、アドバイスも聞けない。

で…一大決心!

ネットで『ピアノ教室』と検索。
今ではなんてことのない『検索』も、
パソコンやネット初心者の私にとっては、当時は『占い』と同じくらい『現実でない世界』だと思い込んでいた。

が!!!

そこには、全国のいろんなピアノの先生方がホームページを開設し、日記(今で言うblog)で日々のレッスンについてオープンに書かれていた。

ここだ!

当時、皆さんのホームページの中には『掲示板』も併設されて、いろんな方がいろんな書き込みをされていた。
それを読みながら、
『私も同じ!』『こうやって対処してるんだ!』と。

恐る恐る…私も書き込みを…。

これがピアノ講師『飛鳥』の誕生。

まだ今のように実名でネットに書き込みをする時代ではなかったから、『森田』ではなく、『飛鳥』と言う『ハンドルネーム』を使って。

でも、ここには、
『ネット』=『どこの誰だかわからない』=『怪しい』の公式は微塵も存在しなかった。

それぞれが『名刺』がわりに、自分のホームページを立ち上げた。
それが『どこの誰だかわからない』を払拭し、『自分』に責任を持っていることの『証』のようなもの。

当時は今のようなネット社会ではなく、
ネットからの集客と言う概念はまだまだ浸透していなかった。
『生徒募集』のためのホームページではなく、あくまでも講師間の交流のアイテム『名刺』的な位置付けで始まった。
それがうちの『ぴあの教室』のホームページ開設のきっかけ。

いつの間にか私には『全国』に『友達』ができた!

更には、誰もが『自分のやっていることを隠さない』気質がそこには存在した。

『この曲を弾かせたいのだけど、出版されている楽譜ではまだ難し過ぎて…』と相談すると、
『こんな風にアレンジしてみたよ』と楽譜を送ってくださる先生。

『発表会をどんな風に…』と相談すると、
いろんな先生方から発表会のヒントや発表会のビデオが!

夜遅くまで『チャット』でいろんな話で盛り上がった♪
その後、ネットの世界の先生方と言う実在しない存在ではなく、何人もの先生方と実際にお会いし、お互いの発表会に足を運んだ。

そう!
昨年コーチングセミナーの講師として敦賀に来ていただいた『松本美和先生』も、当時は『美和ちゃん』としてこの輪の中でいろんな話をした大切な『仲間』のひとり!

今ではうちの教室の発表会で滞りなく司会進行をしてくださっているN先生も、この頃からの大切な『仲間』のひとり!
愛知県から毎年うちの発表会のために駆けつけて力を貸してくださっている。

やっと仲間ができた!と喜ぶ私。

が…それを心良く思わない方もいた…。

・・・続く(笑)


今年は20回目の発表会♪
ちょっと『自分』をふりかえって『ココロの足跡』を少しずつ綴ってみようかと。
【ぴあの教室の創り方】
■森田の秘密⑧
■森田の秘密⑦
■森田の秘密⑥
■森田の秘密⑤
■森田の秘密④
■森田の秘密③
■森田の秘密②
■森田の秘密①

【ぴあの教室】
メール ohirune.piano1999★docomo.ne.jp
★マークを@マークに変えて送信ください。
e0063675_10470806.jpg


by asukamusic | 2017-05-08 10:26 | ココロ足跡 | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite