音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

【ぴあの教室の創り方】森田の秘密⑬

お馬鹿なピアノ講師から少しは脱出の兆しか?(笑)

まだまだ…(笑)


レッスンを進めていくなかで、様々なすれ違いやトラブルはもちろん沢山あった。

発表会での出来事。
前年の発表会でTシャツにジーパンと言う普段着姿で参加の生徒がチラホラ…。
真新しいものではなく、その子が普段のレッスンでもよく着ているのを目にしていた。
思いきって翌年の発表会の前に
『演奏にふさわしい服装での参加をお願いします』とお便りに書いた。
具体的には『カジュアル過ぎるTシャツやジーパンなどのデニム素材は禁止とさせていただきます。学校の制服は可。』と。
ついでに当時の流行りだった厚底サンダルも禁止に。

すると…

保護者の方から
『どうして普段着じゃだめなんですか?
一年一年成長する子供に余所行きの服をわざわざ新調しなきゃいけないんですか?』と電話が…。

これがクレームってやつか??

恐る恐る理由を説明すると、意外にもすんなりご理解いただけた。

そっか…
私、『禁止』と言うだけで『理由』を説明してなかった。
この保護者の方はピアノは初めて。
発表会がどう言うものなのか知らないだけ。
『説明』の大切さを実感!

その年の6月の発表会では夏場にも着れるかわいらしいキャミソールワンピースで参加してくれた。

数えればきりがないくらい似たような失敗をこの頃の私は繰り返していた(汗)

そんなことを繰り返すうちに
『なんであんな風に言われなきゃいけないんだろう?』
と、私が受け止めた言葉。

実は、相手(生徒や保護者)も
『なんであんな風にするんだろ?』
と言う思いから出た言葉なのでは…と感じることが出来るように。

子供の頃にピアノのレッスンを受けたことのある保護者の方なら『ピアノのレッスン』のことも少しはわかっている。
でも、初めて子供をレッスンに通わせる保護者にとってはまさに『未知の世界』。

そこには『知らない』が存在する。

中には…

ピアノの練習も 『自宅での練習が大事』と知らないと言うケースも…。

実は…恥ずかしい話…
子供の頃の私は『ピアノは自宅で練習することが大事』と言うすら知らなかったお馬鹿な子供でした。
今になって思えば、練習させることをしなかったうちの親も『なにも知らない』親だったのでしょうね(汗)
当時、私にレッスンしてくださった先生、ごめんなさい(汗)

『知らない』
だから『伝える』

ピアノの技術はレッスンで伝えることができるけど、
どんな気持ちでレッスンにのぞむのか、
どんな事をやらなければならないのか、
はたまたどんなルールが存在するのか、
それらはこちらの『頭の中』に存在するだけで、言葉にして説明すること『伝える』ことが必要なんだと気づく私。

おやおや?
お馬鹿なピアノ講師から脱出?
少し賢くなった?



・・・・・続く(笑)


今年は20回目の発表会♪
ちょっと『自分』をふりかえって『ココロの足跡』を少しずつ綴ってみようかと。
【ぴあの教室の創り方】
■森田の秘密⑫
■森田の秘密⑪
■森田の秘密⑩
■森田の秘密⑨
■森田の秘密⑧
■森田の秘密⑦
■森田の秘密⑥
■森田の秘密⑤
■森田の秘密④
■森田の秘密③
■森田の秘密②
■森田の秘密①

【ぴあの教室】
メール ohirune.piano1999★docomo.ne.jp
★マークを@マークに変えて送信ください。
e0063675_10470806.jpg














by asukamusic | 2017-05-12 10:17 | ココロ足跡 | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite