音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

クリスマスコンサート〈選曲〉

クリスマスコンサートでも、発表会でも、
この生徒にとって『どんな曲がプラスになるか』を考える。

普段よりもひとつの曲に取り組む時間が長いから、しっかりと曲と向かい合うことができる。
弱点の克服だったり、
新たな技術の習得だったり、
表現力の幅をひろげることだったり、
いろんな大切なことを伝えることができる。

だけど…
それが生徒にとって
『馴染めない』と感じる曲だったりすると、せっかくの練習期間に何の効果もなくなってしまう。

また、
生徒によって『完成までの歩き方』も違う。
早い時期にある程度譜読みができる曲で、あとは気持ち的な余裕をもって練習していきたいと思う生徒もいれば、
長くて難しい譜読みも時間をかけながらひとつずつクリアして進むことが得意な生徒もいる。
だから『選曲』はむずかしい。

さらには、
レッスンに保護者の方が同伴してくださっている場合は、どんな理由でどんな風に選曲を進めていったのかを把握してくださっているのだけど、
そうでない場合は、
『あれ?違う曲を希望したはずなのだけど』だとか、
『POPsが弾きたいと言っていたのにどうしてテキストの中から?』だとか、
私と生徒の間での『相談』や『考えたこと』が、保護者の方にまでうまく伝わらなかったりする。

だから今回は、
クリスマスコンサートのグループ分けのお知らせに『一言』だけコメントを書いてみた。

『こう言う理由からこの曲を選曲しました』と。

『同じ方向』を、
私も生徒も保護者の方にも目指してほしいから♪
e0063675_14215339.jpg






by asukamusic | 2017-10-19 11:44 | レッスンについて | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite