音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:講師のつぶやき( 252 )

三連休

発表会のDVDの製作も終わり、
スナップ写真の注文も完了し、
レッスンでは『夏休みカレンダー』の課題もみんなそれぞれ決めてもらった。

と、言うことで
私は久々にスイッチをオフにして、三連休をのんびり過ごすことにします♪
e0063675_09575520.jpg

by asukamusic | 2017-07-16 09:55 | 講師のつぶやき | Comments(0)

小休止

本来なら『小休止』なんていっている場合じゃない、この時期。
発表会まで2週間。
やることをやって、それでもまだやることはないかを探さなきゃいけない。

『最上志向』と『達成欲』は
いつも私の背中を押し続けます。

『今』、何が大切?
『今』、何をしなければならないの?と。

それでも、レッスンのない今日は
少し足を伸ばして朽木までランチに出掛けてきました。


それは・・・


教室の基本方針は、
『しっかりと自分の置かれた環境を眺め、
頑張らなければいけないときには、
しっかりと頑張れるように!』
すべてのことを同時に100%の力で取り組み続けることは誰だって無理。
テストだったり、部活の試合だったり、
その時その時置かれた環境の中で優先順位を考えて、ひとつひとつ全力で取り組む。

ある時…
『最上志向』『達成欲』の私は、
そこに『自分なりに』と言うワードが抜け落ちていることに気づいたのです…。

この『自分なりに』は、
私の『基準』ではなく、頑張る本人の『基準』。
それぞれの個人のもつ『基準』。

私の『頑張る』と、それぞれの生徒の『頑張る』は違う…。

発表会前なのにどうしてもっと他のことより優先して練習に取り組まないの?
テストは終わったでしょ?
『今』大事なのはピアノでしょ?
遊んでいる時間があったら練習でしょ?
これは、私の『基準』。

もどかしく時に腹立たしく思うのは『私の基準』で相手を見てしまっているから。
それぞれにとって頑張り方も、限界も違う。
それを忘れてはいけない。

とは言え、
そう簡単に私が私の『基準』を変えることはできない。
けど、それを生徒や保護者に押し付けることはしてはいけない。

・・・と言うことで、
気持ちのバランスを取るために
私の気持ちを押し付けないように
私の『小休止』が必要なのです(^^;

さて、明日からは
『私の基準』で『私のやるべきこと』を頑張っていきます!
e0063675_18250999.jpg















by asukamusic | 2017-06-04 17:54 | 講師のつぶやき | Comments(0)

楽器をどうする?

楽器店から『夏の楽器フェア』のチラシが届きました。

私は楽器店のスタッフではないので、
販売ノルマがあるわけでも
販売マージンがあるわけでもありません。

でも、この機会を利用させてもらってはいます。
『フェア』って言うくらいだから、
普段よりも安くなる?…かも?と言う感覚で(笑)


『子供の習い事』に対しての支出を考えると、ピアノの購入は半端なく高いのと感じるのは、当たり前のこと。
ピアノは、けっして安い買い物ではありません。

でも、『上達』を考えると
ピアノは必要なもの。

同じ鍵盤があって
同じピアノの音がして
電子ピアノと生ピアノ、どう違うの?
その『説明』を、いろんな言葉で伝えては見るのだけど、
一番理解してもらえるのは『上達』。
上達すればするほど、その『違い』を生徒自身も保護者の方もわかるようになるのです。

でも、やっぱり安い買い物ではないのも事実。

『講師』としては
ピアノで練習できれば、さらに良い音作りが出来ると『進化』を望んでも
『どこまで出来るようになるか』を考えるのも、決めるのも生徒自身でありご家庭の考え方。
私はそれぞれの練習環境によって、
テクニックや表現の中で『出来ること』『出来ないこと』を加減していくしかないのです。

一番の問題は、
生徒自身やご家庭の『望むこと(ピアノに対する上達の期待)』と、
講師側のこの『加減』が、お互い理解し納得出来ているか。
これが一番大事なこと。

そうそうたる作曲家のピアノ曲が弾けるようになりたいと望まれても、
練習用楽器が、ペダルも付いていない卓上キーボードではどうしようもありません。

逆に、
グランドピアノがあったとしても、
練習を全くしないのではどうしようもありません。

楽器の違いを理解してもらうこと。
自分がどうなりたいのかを考えてもらうこと。
その考えの中で折り合いのつく環境を作り、
その環境の中でそれぞれの生徒にとってのベストなレッスンが出来ること。

楽器どうするか?

絶対ピアノじゃないとだめ!ではなく、
『知ること』
『自分がどうしたいか』
『その環境の中でどうするか』
この答えはそこにあるのです。
e0063675_08543207.jpg






by asukamusic | 2017-06-02 08:06 | 講師のつぶやき | Comments(0)

今年は忘れなかった

今日は結婚記念日♪

発表会前のバタバタの時期のため、毎年忘れてしまう私(汗)

『鳥居』(旧姓)と『森田』が
私の生きてきた時間の中でちょうど半分に。
明日からは『森田』で生きる時間の方が長くなります♪

e0063675_18100970.jpg



by asukamusic | 2017-05-28 18:07 | 講師のつぶやき | Comments(0)

発表会の準備をせっせと

この土日は発表会の準備。

・生徒紹介のスライドショーの編集(まだ途中)
・プログラム打ち込み
・発表会ノート(感想ノート)打ち込み
・進行表作成
・タイムスケジュール構成

ひとまずここまでは…どうにか…(汗)

今週中に、
『プログラム』の演奏順を確定し、
名前や演奏曲の誤字のチェック。
それに基づいて、『発表会ノート』や『メッセージカード』の印刷から製本。
スライドショーも原本作成~人数分のコピーまでやりたいなぁ。

ほんとは発表会は、
『プログラム』さえあればどうにかなる。

タイムスケジュールも、
昨年とだいたい同じかなぁー
ちょっとながくなるかなぁー
とアバウトでもプロのコンサートではない。
長い演奏時間も
その過ごし方はそれぞれに任して。
感想も
伝えたい生徒に伝えたい日とが伝えればいい。

・・・と思えれば、
私の仕事も楽なのだけど(苦笑)

頑張ってレッスンを受けて、
頑張って練習している生徒たちの姿を見ると、
素人(コンサート企画運営面で)なりにも、ちゃんとしたコンサートにしてあげたい。

『あの子頑張ってたよねー』
『あのおねぇちゃん上手ー』
そんな感想を、取りこぼすことなく頑張った生徒に伝えたい伝えてあげたい。

そう思うと、あれもこれもと準備が(苦笑)


生徒が
『ピアノが弾けるようになって、なにか意味があるのかなぁ』と私に尋ねてきたけど、

ピアノが弾けることも
この私の発表会準備も
はたまた学校での勉強も部活も

その『意味』は自分の中にあるのですよねー。

『やりたいからやる』
『こうなりたいから頑張る』

頑張ることに意味なんてなくて、
自分の気持ちが『どうか』だけ!

で、
私は私の意味を達成すべく
お休み返上~~(笑)
e0063675_19455634.jpg






by asukamusic | 2017-04-23 19:27 | 講師のつぶやき | Comments(0)

選択と説明と納得

ピアノを習いたいなぁと言う方がネットで『敦賀市 ピアノ教室』と検索するとうちの『ぴあの教室』が出てきます。
↓ こんな感じに。
e0063675_08351554.jpg

ホームページとblog。

昨日は『ジェネレーションギャップ?』といろんなことを考えましたが、
悩みの『原点』はココ!

ネットで上位にヒットするために生じた『ミゾ』だと。

うちの教室は、ネットで上位に表示されると言っても、大半が既存の生徒さんからの紹介。
ネットからのご入会は数えるほどしかなく、私自身もこのblogは『新しい出会いを求めて』ではなく、
教室生徒さんやご家庭に教室の取り組みや私の考えを『知っていただく』ためのもの。
(・・・と言うか、ほぼ私の呟き)

既存の生徒さんからの『紹介』でご入会いただいた方は、事前に教室(私)をリサーチしてくださっている。
『どんな教室なんだろう?』
『どんな考えの先生なんだろう?』
って。
一年や二年の習い事ではないから、保護者の方も納得されないとうちの教室を選択されることはないだろう。

でも…
ネットからの問い合わせは
『敦賀で教室を探していて』が多い。
市内でホームページやblogを書いていらっしゃる教室の先生方は未だに少ない。

そう
『うちの教室(私)』を探して見つけてくださったのではなく、
『敦賀でピアノを習えるところ』を探していて見つけてくださった。

だから、いろんなことをやっていくうちに『考え方』や『子育ての方針』にズレが生じて当たり前。

どんな教育方針がよいのか
どんな子供との接し方がよいのか

『正解』は人それぞれ。

だから
そこから生じるいろんな『ミゾ』を埋めるのは、私の『説明』と保護者の方の『納得』。

うちの教室の方針や私の考え方を納得されて選んでくださっている方に囲まれていたから、そんな簡単なことにも気づかなかった(汗)

それを、
教えてくださったのも
私の悩みに耳を傾け、考える方向を示してくださったのも
やっぱりうちを選んでくださった保護者の方♪

ありがとうございます♪

by asukamusic | 2017-04-18 07:31 | 講師のつぶやき | Comments(0)

制限があるとしたら?

『10年後の自分へ』のタイムカプセルを準備していたからでしょうか…
『時間』について考えるようになりました。

若い頃…特に学生時代は、
寝るだけ寝て…
今やらなくてもそのうちね~なんて思っていました。
しんどいことをやるよりは、いかに楽するか(笑)
時間は無限で、時間の『終わり』なんてまだまだ遠い先にあって、その気配すら感じない…それが『若さ』(笑)

でも、干支が何回か回ってくると
だんだんと『終わり』の気配を感じ始めます。
それは、まだ『死』とか言うたいそうなモノではなく、
『あとどれくらい今のペースを保てるか』のこと。
それを考えると、あと10年あと20年は
若い頃に感じていた『時間の重み』とは違うものに。

欲張りな私は、
その『あと10年…あと20年…』と、時間の終わりに気づいたとたんに、
あれもこれもやらなきゃーと(笑)

もし、人にとって『出来ること』に制限があるとしたら、
それは『才能』や『可能性』ではなく、『時間』なのかなぁーと。

さあ!今日も時間の有効利用に励みます!
もちろん、休息も入れながら♪

書いていてふと思ったのですが、
私は『私の時間』に対してだけ、いろいろ考えればいいのだけど、
世間のお父様お母様は、ご自身の事に加えて、子供の数だけ『時間の責任』を背負っていらっしゃるのですよね。
すごいことです!
e0063675_09033214.jpg




by asukamusic | 2017-04-11 08:49 | 講師のつぶやき | Comments(0)

何を選択しますか?

新年度に入り、いろんな要項が届きました♪

■ポルタ De ファツィオリ
美浜町生涯学習センターなびあす
プロのピアニストによる公開レッスン
e0063675_13085476.jpg


■PIARAピアノグレード
※ 詳細はコチラ
受験会場 きらめきみなと館

ぴあの教室では、『いろんな提案』をしてきいます。
その中で、『何を選択するか』さらには『どんな風にレッスンしていきたいか』を選択していただき、それぞれの『思い(レッスンに望むもの)』を提供していきたいなぁと思っています♪

教室の特色として、
コンクールに焦点を当てたレッスン
グレードに焦点を当てたレッスン
楽しくわいわいできるレッスン
そんな風に『目的を何かひとつに絞る』教室であれば、指導者側としては楽なのかもしれませんが、
『音楽の目的』はひとつてわはありません。
どんな風に『ピアノが弾ける』につなげるかは、それぞれ。
だから老体にムチ打ち(笑)、いろんなことを『選択』しながらレッスンを受けてもらえるようにしていきたいなぁと思っています。
e0063675_10173318.jpg

by asukamusic | 2017-04-09 10:06 | 講師のつぶやき | Comments(0)

成長を見守る

4月から進学のため敦賀を離れ京都に行く生徒ちゃん。
小学校に入学するのと同時にレッスンに来てくれているから、12年のお付き合い。
一緒にレッスンできるのも、来週あと一回だけになりました。

小さかった彼女が、
いろんな事を経験し、
泣いたり笑ったり、
いつの間にか高校卒業。
昨日は、取れたての免許証を嬉しそうに見せてくれました♪
e0063675_11382110.jpg

引っ越しギリギリまでレッスンに来てくれるのが嬉しいです♪
京都に行っても頑張ってね!
by asukamusic | 2017-03-24 07:51 | 講師のつぶやき | Comments(0)

夢を描く

子供の可能性は無限大∞

レッスンでは時々、ピアノを弾く手をとめて雑談タイムになることも。
『将来、何になりたい?』なんて話も。

そりゃ、
『ピアノの先生になりたい』なんて言葉が飛び出してくれば、天にも昇る気持ちなのだけど、
今はこの仕事をしている私だって、子供の頃は『将来はピアノの先生』とずっと描いていたわけではない。
そう言えば中1の時の作文に『考古学者になりたい』と書いたことも。
きっとその年代に教師が書かせる作文はきちんと将来を見据えた展望を考えさせるための『将来の夢』だっとのだろうけど(笑)

そんな話をしていると、
『歴史学者になりたい』と言う生徒が!

私『どの時代が好き?』
生徒『安土桃山あたりかな~』
私『先生は古代史♪』
生徒『じゃ、インダスやメソポタミアとか?』
私『そうそう!』
生徒『暦を作ったり、昔の人はかしこかったよね』
…てな、具合に(笑)

このぴあの教室の卒業生には
『昆虫博士になりたい!』と少年の頃の夢をずっとココロの中で温めて、
時に、大きくなってまで昆虫博士だなんてと言われながらも、難関国立大T大に入り、さらには大学院からその次にまで進み研究に明け暮れている卒業生も。

『保育士になりたい!』とピアノをレッスンを始めた小さな子供が、今は保育園の先生。

もちろん、子供の頃に思い描いた自分とは違う場所にいる生徒も。

大切なことは
ずっと『自分を思い描き続けること』。
子供の頃だけじゃなく、大人になっても♪
時々、子供の頃のあのキラキラとしたココロを思い出しながら。

私もまだまだ『夢』を思い描いています(笑)
その大切さを教えてくれる、忘れないようにしてくれているのは、教室の生徒たち。
子供の生徒ちゃんたちのキラキラとした思い、
そして大人の生徒さんたちがいくつになっても新しいことに挑戦しようとピアノを弾く姿勢を、
近くで見せてもらうことが出来るから♪
e0063675_08001493.jpg











by asukamusic | 2017-03-22 07:25 | 講師のつぶやき | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite