音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:講師のつぶやき( 260 )

目線

夜の玄関。
突然『朝顔が咲いているよ』と。

同じ目線までしゃがんで覗きこむと
玄関ドアのガラス越しに街灯が『朝顔』をさかせていた♪

子供の目線には
大人が見えないものが見えたりしています。

子供と大人だけじゃない、
大人同士でも、子供同士でも、
立場が変わると違った見え方をするのですよね。

この仕事をしていると
いろんな『目線』をいろんな方から教えてもらうことができます。
e0063675_20322028.jpg




by asukamusic | 2017-09-16 20:26 | 講師のつぶやき | Comments(0)

どうして?

敦賀市にある小さなピアノ教室『ぴあの教室』の森田です!

…と、改めて『私の立場』を(笑)

私のお仕事は、
『ぴあの教室』の講師です。
ピアノの指導がお仕事。

なのに、blog記事には
『コーチングセミナー開催』だとか、
『手帳講座開催』だとか、
次は『カラーセラピスト講座開催』だとか、
なんだかマルチに商売を広げてる?と感じられるかもしれません。

仕事は『ピアノを教えること』。
まぎれもなくこのひとつだけ。

今の私にはこの仕事に直接関係のあること以外を学ぶだけの十分な時間も体力も気力もありません。
60名の生徒を抱え、日々のレッスンをすること…そこには私自身が『教材』や『奏法』などを学び、もちろん私自身のピアノの技術も劣化させることなく練習していくことが必要で、基本的で最低限講師として必要なことをこなしていくことが私の時間の大半をしめています。
そこに『何か』を深く突き詰める時間を作ることは至難の技。
今お預かりしているレッスンを犠牲にすることもできません。


でも、レッスンをしていくうちに
『伝えたいこと』を伝えるためには、プラスαの知識や技術も必要だと。

一昔前なら『こちらが指導する知識や技術を受けとるか受け取らないかは生徒次第』な感覚で、講師からの一方通行。
こちらからはホールを投げるのだけど、それをどう受けとるかは生徒自身のこと。
確かにこちらが投げたボールを器用に貪欲に受け取る意思がなければ上達しないのは当然で、無理やり受け取らせることは意味のないことなのかもしれない。

けど、
『このボールは私にとって必要?』
『このボールを受け取る先には何があるの?』
そんな小さい生徒にとっては、こちらが投げたボールを受け取りやすくするのも必要かなぁと。

その『受け取りやすいボールの投げ方』『どうボールを受けとればいいのか』を伝えるためのアイテムも、指導者側には必要なのかなぁと感じるのです。

なんだか、例え話が長くなってしまいましたが(汗)

日々のレッスンでいっぱいいっぱいの私は、
たくさんあるアイテムをひとつずつ深く突き詰めて学ぶだけの時間がない…
けど、空いた時間に読む指導書や本から得られる情報は一方通行。
見渡すと、それぞれの『アイテム』を深く突き詰めた友達がいる!
『私にも教えて~♪』
そんな私自身が学ぶための場所(機会)だったりするのです。

さらには、
これはピアノの指導に限ったことではない。
いろんな職業・いろんな立場の方々が必要とされているはず。
『一緒に学びたい方いませんか~?』
いろんな講座・セミナーの開催はまさにこの感覚なのです。

セミナーの主催者にはなっていますが、
実は私が一番目の『受講希望者』なのです。
e0063675_09043037.jpg







by asukamusic | 2017-09-09 08:02 | 講師のつぶやき | Comments(0)

確認しながら進む

レッスンに対して生徒本人や保護者の方はどんなことをのぞんでいるのかな?

私が『生徒』だった一昔前なら、
そんなことを聞かれもしなかったし
こちらから言うこともなかった。

当時のレッスンは、
どれだけ技術を高めていけるか、
どれだけ生徒がついていけるか、
『どうしたいか』『どうするか』の決定権は
生徒本人ではなく講師にあったような気がする。
さらには『こうなりたい』という思いがあれば、それを引き出すのは講師ではなく、
生徒自身が示さないといけなかったり。
それはたまたま私が指導を受けてきた環境がそうだっただけなのかもしれないのだけど。

確かに私も『この子は今が伸び時!』と感じると生徒の背中を押す手に力が入ってしまう。
その気持ちが生徒側と講師側が一致していればなんの問題もないのだけど、
生徒や保護者がそれを望んでいなかったら、どうだろう?
もしかしたら私の手が強すぎたら生徒は息切れしてしまうかも…。

逆に、いつも静かでマイペース
きっとこの生徒はのんびり行きたいのねと判断しても
ほんとは静かな熱意を秘めていたり。

はたまた『こうなりたい』と言うが生徒や保護者にあったとしても
そこにどんなレッスン方法で、どんなペース配分で進んでいけばいいのかがわからなくて
うまく時間が使えなかったり。

どんな風にレッスンを進めたいか
どんな早さで進んでいきたいのか
限りある『子供の成長期』の中でどこまでどんなペースで到達したいのか
この気持ちが一致していないと
うまく進まないような気がする。

それを時々確認しながら
同じ方向を見て進めていかなければ…と感じるこの頃。
e0063675_11594769.jpg


by asukamusic | 2017-08-25 20:12 | 講師のつぶやき | Comments(0)

どう進むか?私の場合

一度しかない自分の人生、
どう生きるか?

・・・なんて言うと大袈裟だけど、
年を取ると『自分の時間』には限りがあることを知る。
だったら、
少しでも自分らしく
少しでもわくわく
少しでも自分にしかできない何かを
そう思うのは私だけではないはず。

もっとレッスンを充実させたい。
もっと生徒たちにいろんな経験、いろんな知識・技術の習得をさせてあげたい。
そして、もっと『私』を充実させたい。

そう思ったときに、
何をどうするか?どう進むか?

私の場合、
『きらきらしている人』を観察します(笑)

この人、いいなぁ~
この人、すごいなぁ~

『その人』がどうやって『そうなったのか』をじっくり観察。
表面的なその人の作る言葉ではなく、実際のその人を客観的に観察~(笑)

真似する訳じゃない、
その人のコピーになりたい訳じゃない、
私は私で、私にとって必要なものを手に入れるための方法の模索…みたいな。

日々、私探し(笑)

今日よりも明日の自分が一歩前にいれるように♪


e0063675_20502933.jpg











by asukamusic | 2017-08-19 20:34 | 講師のつぶやき | Comments(0)

『今』から『次』へ

『今』を作っているのは『過去の自分』。

『今』が突然魔法のように現れたわけではない。

もし『今』が、
自分にとって望んでいた『今』ではないのだとしたら、
きっと『何か』が足りなかった…そう思うことにしている。

そして、
『今』が自分の望んだ『今』だとしても、
それがずっと続くわけではない。
もちろん続けばいいと思ってはいるのだけど…。

たとえば、この仕事。
沢山の生徒を抱えて日々楽しくレッスンできても、
子供たちは成長し、いつかは教室を巣だっていく。
同じ状態がずっと続くわけではない。
会社勤めのような安定はない。

けど、反対から見れば
良くも悪くも『やってきたこと』が『結果』として自分に返ってくる。

100%とは言わないにしても
私自身は『今』に満足はしている。
けどその満足している『今』を続けるには、
同じ事を同じだけ頑張っていてもダメってこともわかっている。

だから、『今』を続けるために『次』を考える。

・・・なんて大袈裟なことを書いたのだけど、
『次』に元気一杯向かっていけるように
今日はガン検診に(笑)
ひとつ心配のタネはなくなった!

次に向かって進むぞぉ~~~っ!
e0063675_16303155.jpg







by asukamusic | 2017-08-10 16:14 | 講師のつぶやき | Comments(0)

HP開設15thです

8月5日。
『ぴあの教室』のホームページが開設されてから15年が経ちました。

ホームページが出来た頃は、
今で言う『生徒募集のためのアイテム』と言うよりも、全国のいろんな先生方と交流することが目的でした。
開設当時に知り合った先生方とは今でも沢山の刺激を頂き、実際にお会いする機会もあり、私の大きな支えに。
その始まりは↓にも書いています
■ぴあの教室の創り方 森田の秘密⑨

今でも私がホームページやblogを書く目的は『生徒募集』のためのものではなく、
『自分がやってきたこと』『自分のやっていること』の覚え書きのような感覚。
読んでもらって共感してくださる方がいれば、それが結果的に生徒募集にも繋がるだろうし、指導者のお仲間もできるかなぁと。

これからも『覚え書き』のようなblogを書き続けることが出来るように頑張らねば!

『書く』ためには、
『書けるようなことをしなければ』と、
それが学び続けることの原動力にもなっています。

お知り合いになれた全国の先生方、
こっそり覗いてくださっている先生方、
どうぞこれからもよろしくお願いします♪

また、
『敦賀市』『ピアノ教室』で検索して、
うちのホームページを偶然みつけてくださり共感してくださった方、新しいご縁に繋がりますように♪

どうぞこれからもよろしくお願いします。

ぴあの教室 講師 森田佳代子
e0063675_10320742.jpg








by asukamusic | 2017-08-05 10:10 | 講師のつぶやき | Comments(0)

いつ泣くか?

人から見ると、私って穏やかで優しそうに見えるみたい。
おそらくそんな私の『丸い』イメージは、
ココロではなく体型からくるイメージかと(笑)

そん丸いイメージの私ですが、
生徒を時々よく泣かせます。

『誉めて伸ばす』
『誉めることでやる気を出す』
最近はそんな指導方針や子育てのやり方が大事だとよく見かけるのだけど、
『泣く』ことも大切かなと思う私です。

『怒る 』→『泣く』ではなく、
自発的に『泣く』ように持っていく。

この『泣く』は、
怒られたことの『恐怖』からではなく、
『何が大切で』『何ができなかったのか』を生徒自身が感じて悔しさともどかしさからくる『泣く』でないといけないと思う。

確かにうちの教室では『泣く』生徒は伸びる。

何度も後悔して…
何度も悔しい思いをして…
何度も泣く。
その繰り返しの中から、大切な『自分のやるべきこと』を小さなココロでみつけていく。

そうやって『いつ泣くか?』を学んでいく。

練習のときは泣いて悔しがってもやり直しも挽回もできる。
だけど本番や大切な場面で泣くことがあっても、もうやり直しはできない。

『いつ泣くか?』

その『いつ』がわかる生徒を育てたい。

そして今日も泣いた生徒が(笑)
彼女もきっと泣くことを繰り返しながら成長していく。
e0063675_22042825.jpg











by asukamusic | 2017-08-04 20:18 | 講師のつぶやき | Comments(0)

考えるための時間

子供の頃は、
よく『大人になったら…』と、
あれこれ遠い未来に想いを馳せていた。

こんな風になりたい
こんなことがしたい

子供の感覚は、
大人になるまでは沢山の時間があって
その途方もなく長い時間の中で、
どんなことでもできるような気がしていた。
なんでも叶うような気がしていた。

いつの間にか大人になって、
それでも若い頃は、
まだまだ自分には何かができる…
まだまだ自分には何かをするための時間がある…と思っていた。

更に時が過ぎると、
人に与えられた時間には『限り』があることを知る。

なんでも叶う訳じゃない…
なんでも出来る訳じゃない…
思っていても、思うだけでは何もかわらない。

まさに今、一番それを痛感する『お年頃』なのかも(苦笑)

仕事は忙しい。
忙しい分充実している。
今の私に不満があるわけではないのだけど、
限りある時間をもっと…少しでも…自分に出来る『何か』をみつけたいなぁと。

ちょうど、夏のこの時期は仕事が落ち着いている。
私にとって『考えるための時間』がある時期。

ふと…この時間を使って『自分探し』をしてみたいなぁと♪

まだまだ、
欲張って自分を膨らませたいなぁと♪

e0063675_19594961.jpg







by asukamusic | 2017-07-27 19:44 | 講師のつぶやき | Comments(0)

三連休

発表会のDVDの製作も終わり、
スナップ写真の注文も完了し、
レッスンでは『夏休みカレンダー』の課題もみんなそれぞれ決めてもらった。

と、言うことで
私は久々にスイッチをオフにして、三連休をのんびり過ごすことにします♪
e0063675_09575520.jpg

by asukamusic | 2017-07-16 09:55 | 講師のつぶやき | Comments(0)

小休止

本来なら『小休止』なんていっている場合じゃない、この時期。
発表会まで2週間。
やることをやって、それでもまだやることはないかを探さなきゃいけない。

『最上志向』と『達成欲』は
いつも私の背中を押し続けます。

『今』、何が大切?
『今』、何をしなければならないの?と。

それでも、レッスンのない今日は
少し足を伸ばして朽木までランチに出掛けてきました。


それは・・・


教室の基本方針は、
『しっかりと自分の置かれた環境を眺め、
頑張らなければいけないときには、
しっかりと頑張れるように!』
すべてのことを同時に100%の力で取り組み続けることは誰だって無理。
テストだったり、部活の試合だったり、
その時その時置かれた環境の中で優先順位を考えて、ひとつひとつ全力で取り組む。

ある時…
『最上志向』『達成欲』の私は、
そこに『自分なりに』と言うワードが抜け落ちていることに気づいたのです…。

この『自分なりに』は、
私の『基準』ではなく、頑張る本人の『基準』。
それぞれの個人のもつ『基準』。

私の『頑張る』と、それぞれの生徒の『頑張る』は違う…。

発表会前なのにどうしてもっと他のことより優先して練習に取り組まないの?
テストは終わったでしょ?
『今』大事なのはピアノでしょ?
遊んでいる時間があったら練習でしょ?
これは、私の『基準』。

もどかしく時に腹立たしく思うのは『私の基準』で相手を見てしまっているから。
それぞれにとって頑張り方も、限界も違う。
それを忘れてはいけない。

とは言え、
そう簡単に私が私の『基準』を変えることはできない。
けど、それを生徒や保護者に押し付けることはしてはいけない。

・・・と言うことで、
気持ちのバランスを取るために
私の気持ちを押し付けないように
私の『小休止』が必要なのです(^^;

さて、明日からは
『私の基準』で『私のやるべきこと』を頑張っていきます!
e0063675_18250999.jpg















by asukamusic | 2017-06-04 17:54 | 講師のつぶやき | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite