音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:講師のつぶやき( 265 )

ココロを紡ぐ

珍しく先週と今週の日曜日は
普段はすれ違いの主人と休みが合い、『紅葉』を見にドライブ。
先週は岐阜県の伊吹山に。
今週は石川県の鶴仙渓に。

いろんな『風景』にふれること。
それはいろんな『風景』をココロに刻むこと。

実は、ピアノを弾く上でとっても大切なこと♪

もちろん技術は必要。
どう打鍵すればいいか、どう指を運べばいいか、楽譜にかかれた様々な情報を作曲者の意図する『音』にどう近づけるか。

でも、それだけなら
今の時代『打ち込み』でもある程度は出来ること。

大事なことはその先。

ほんとにほんとに繊細なココロの動き。
それを指先に伝えて、
ココロの音が指先から出ているか。

その『ココロ』を動かすのは、
自分のなかに蓄積された様々な風景と、その風景から感じる様々な気持ち。

音を微調整出来るのは『人間』だけ。
『打ち込み』では出来ない部分。

また、
それはなにも『風景』からだけでなく、
日々の出来事からココロが感じる『感情』も。

いろんな出来事。

ココロが踊るような幸せな出来事。
ほのぼのする穏やかな出来事。
中には思い出したくもない辛い出来事や悲しみもあるかもしれない。

でも、『ココロ』が覚えた記憶は、
いつかその『感情』が必要な時、必ず『音』に置き換えることができる。

ピアノは『音を創る』こと。
子供達にも、もちろん大人の生徒さんたちにも
いろんな『音』が創れるように、
ココロの中に沢山『音の材料』を集めていってほしいなぁと思う。
もちろん私も。

『音楽』は、
ピアノをレッスンしている方に限らず、
どんな方に対しても
時に励ましになり、
時に癒しになり、
時に寄り添う、
それは『ココロ』がいっぱいつまっているからなのかも♪

弾きたくない時、
弾いていてもなんだかぼんやりする時、
無性に弾きたくなる特、
それも『ココロ』がいっぱいつまっているものだからこそ。

e0063675_18325152.jpg



by asukamusic | 2017-11-12 18:07 | 講師のつぶやき | Comments(0)

動く時間と眠る時間

私が子供の頃、
学校が終わって家に戻ると、
お風呂の準備が始まっていて、
(当時は薪のお風呂で夕方から支度を始めないとお風呂が沸かない…なんとレトロな)
台所ではばあちゃんが夕飯の支度を始めていた。
私は、宿題をして、夕飯を食べて、テレビを何となく見て、寝る…そんな生活スタイル。

平日は『学校』だけが『やることリスト』のメイン。
それ以外はなにもなかった。
習い事も学校の帰りに寄れる時間帯で設定されていたから、一旦帰ってまた外出することもなかった。

今週から始めた『自主練習予約』には、遅い時間まで予約が入り、みんなレッスン日以外も教室に来てくれる。
今の子供たちは、ピアノに限らず、
夜遅い時間まで塾だったり、習い事があったり、スポーツの練習があったり、活動的。

私の子供の頃と
『動く時間』…頭と体が活動する時間・生産性のある時間と、
『眠る時間』…睡眠に限らず、なにもしない時間、の割合が全く違う。

1日24時間。
人に平等に与えられている時間。

私ももっと子供の頃に『動く時間』を増やせていたら、もっといろんなことを吸収してこれたのに…と。

今の子供たちが私くらいの年齢になったとき、それまでの時間で積み上げてきた『頑張り』と『自分の出来ること』の量が断然多いのだろうなぁ~と羨ましく思う。

私は今からでもぼんやり過ごした子供時代を取り返すべく『動く時間』を目一杯楽しみ、
頑張っている子供達の応援が出来れば♪

今日も頑張る生徒ちゃんたちのレッスンと『自主練習』が目一杯入っています!
e0063675_08194174.jpg











by asukamusic | 2017-11-10 08:01 | 講師のつぶやき | Comments(0)

一生懸命であり続けたい

レッスンに通って来てくれている沢山の子供達。そして大人の生徒さんたち。

レッスンに通う目的は様々だけど、
共通しているのはそれぞれの『一生懸命な思い』。

それは、
うまくなりたい、だとか
ここが出来るようになった、だとか
ここができない、だとか
はたまた
今日は怒られないようにしよう、だとか(笑)

様々な思いをもってレッスン室に入ってくる生徒たち。

きっと
『ピアノがすべて』ではないと思う。
他にもたくさんの『一生懸命』を抱えて、自分に出来ることを増やしていこうと『自分時間』を過ごしている。

なんだか羨ましいなぁと。

私はもちろんこの仕事が好きだし、一生懸命。
でも、その一生懸命をもっと突き詰めようと24時間ピアノ思考が働いていて、
これだけになってしまっている。

これでいいのかなぁ?

ずっと、私自身に『何か』プラス出来ることを足していってあげたい。

でも何をプラスしていったらいいのか?
頭の中はピアノのお仕事モードだから、『他のやりたいこと』がさっぱりわからない。
私に仕事以外でプラス出来るものって?

う~~ん・・・

考えても、考えても、
さっぱりわからないし、みつからない。

う~~~ん・・・・

わからないなら仕方ない。
やりたくないこと、興味のないことを始めても、きっと『一生懸命』だとか『プラス』出来たなんて思えないだろうから、
無理にプラスする必要はないのかなぁ~と。
考えるのが面倒になったとも言う

私は私で、24時間仕事モードならそれもありかな、と。

この仕事を始めた頃に比べたら、沢山の学びも、沢山の出会いも。
この枠の中ではいろんなものが増えている。

大きな自分の『ビン』の中に
沢山のいろんなものを詰め込みカラフルに彩られるのも素敵だけど
ひとつだけシンプルに大きなものがひとつだけ入っているのも、アリかなぁと。

と、言うわけで
今週もレッスンスタート♪

一生懸命であり続けたいわたしです♪
e0063675_08292574.jpg










by asukamusic | 2017-10-30 07:54 | 講師のつぶやき | Comments(0)

今日からお休み

今日から1週間、
ぴあの教室は『年間レッスン回数の調整』のため、すべてのレッスンがお休みです。

■レッスン回数の調整のためのお休み
10月9日(月)~15日(日)

ピアノのレッスンは『第5週目はお休み』のところも多いようですが、
カレンダーの5週目よりも、教室のイベントなどに支障のでないところに、回数を調整するためのお休みを持っていった方がいいかなぁ~と。
更には『5週目』って分かりづらい。
生徒はもちろん、私もカレンダーをよく見ていないと忘れてしまう(笑)

・・・ってことで、
私も『次』に進むための充電!
いったん『お仕事モード』をOFFにして、時計もはずして、ぐうたら過ごすことに(笑)

お休み期間中は
すぐに電話に出れないことや、頂いたメールなどの返信が遅くなることもあるかと思いますが、ご了承ください。

体験レッスンや入会お問い合わせについては、10月16日(月)以降に対応させていただきます。
e0063675_17451947.jpg




by asukamusic | 2017-10-08 17:32 | 講師のつぶやき | Comments(0)

50円のすれ違い

ココロのすれ違い。

『してあげた(やってあげた)』
『してくれて当たり前(やってくれて当たり前)』

人って、
そんなココロのすれ違いが時々ありますよね。

私もそう。

ココロがすれ違えば、
モヤモヤするし、時に苛立ちに変わったりもする厄介なもの。

でも、
それは『思い込み』であったり、
避けられる『負の気持ち』であったり、
ココロの持ちようで変わるのかなと思うこの頃。

私にもこんな出来事が…。

『50円のすれ違い』

50円が、高いか安いか?
恐らく『50円の価値』は、
出すことがためらわれるような『高額』ではなく、日常的に使われる額。

例えば、色画用紙。
たしか50円ほどだったかと思うのだけど、
テキスト外の楽譜をコピーして使う場合、その台紙に色画用紙を使っている。

最初の頃は、50円だから…そのくらいは…と、生徒たちから色画用紙代を求めることなく貼ってあげていた。

でも、
50円は気安く使える額ではあるのだけど…。

一人2枚~4枚。
平均して3枚として…すべての生徒に提供するには180枚。
9,000円。
こうなると『額』に対する感覚が50円の時とは違ってくる。

ココロの小さい人間丸出しで恥ずかしいのだけど…
『やってあげてる』と言う気持ちが生まれてくる。

そこに、
『色画用紙ください』ならまだしも
『高いお月謝を払っているのだから、色画用紙くらいください』なんて言葉を聞くと
ココロがザワザワする私がいる。

そんな言葉を投げ掛けるのは本当に一部の人でしかないし、これはまた別の次元の問題でもあるのだけど、
一気に私のココロがザワザワ…モヤモヤ…。

でも、よく考えると
これって私がザワザワモヤモヤするココロのすれ違いを作っていたのですよね。

『50円』
それが私にとって日常的に抵抗なく使える額であるなら、無償ではなく、きちんといただけばいいんだ!と。
実際、教室で用意する場合は実費、もしくは自分で用意してもらうことにしても
先に書いた『別の次元の問題』のある方以外からは苦情が出ることはなかった。

ココロのすれ違いは
避けようと思ったら避けられる。

もしかしたら
ココロのすれ違いは
思い込みで造り出していることも多いのかなぁと。

こんなことを如何にも真面目に書いていると、
『元々そこまで先生が負担する必要はないんですって!必要なものは必要だと言ってもらえれば大丈夫!』と保護者の方の声が聞こえてきそう。

そう♪
私がそんなことでイジイジしていると、大抵保護者の方々がそのイジイジから救ってくださる♪
e0063675_08405217.jpg















by asukamusic | 2017-10-06 08:01 | 講師のつぶやき | Comments(0)

目線

夜の玄関。
突然『朝顔が咲いているよ』と。

同じ目線までしゃがんで覗きこむと
玄関ドアのガラス越しに街灯が『朝顔』をさかせていた♪

子供の目線には
大人が見えないものが見えたりしています。

子供と大人だけじゃない、
大人同士でも、子供同士でも、
立場が変わると違った見え方をするのですよね。

この仕事をしていると
いろんな『目線』をいろんな方から教えてもらうことができます。
e0063675_20322028.jpg




by asukamusic | 2017-09-16 20:26 | 講師のつぶやき | Comments(0)

どうして?

敦賀市にある小さなピアノ教室『ぴあの教室』の森田です!

…と、改めて『私の立場』を(笑)

私のお仕事は、
『ぴあの教室』の講師です。
ピアノの指導がお仕事。

なのに、blog記事には
『コーチングセミナー開催』だとか、
『手帳講座開催』だとか、
次は『カラーセラピスト講座開催』だとか、
なんだかマルチに商売を広げてる?と感じられるかもしれません。

仕事は『ピアノを教えること』。
まぎれもなくこのひとつだけ。

今の私にはこの仕事に直接関係のあること以外を学ぶだけの十分な時間も体力も気力もありません。
60名の生徒を抱え、日々のレッスンをすること…そこには私自身が『教材』や『奏法』などを学び、もちろん私自身のピアノの技術も劣化させることなく練習していくことが必要で、基本的で最低限講師として必要なことをこなしていくことが私の時間の大半をしめています。
そこに『何か』を深く突き詰める時間を作ることは至難の技。
今お預かりしているレッスンを犠牲にすることもできません。


でも、レッスンをしていくうちに
『伝えたいこと』を伝えるためには、プラスαの知識や技術も必要だと。

一昔前なら『こちらが指導する知識や技術を受けとるか受け取らないかは生徒次第』な感覚で、講師からの一方通行。
こちらからはホールを投げるのだけど、それをどう受けとるかは生徒自身のこと。
確かにこちらが投げたボールを器用に貪欲に受け取る意思がなければ上達しないのは当然で、無理やり受け取らせることは意味のないことなのかもしれない。

けど、
『このボールは私にとって必要?』
『このボールを受け取る先には何があるの?』
そんな小さい生徒にとっては、こちらが投げたボールを受け取りやすくするのも必要かなぁと。

その『受け取りやすいボールの投げ方』『どうボールを受けとればいいのか』を伝えるためのアイテムも、指導者側には必要なのかなぁと感じるのです。

なんだか、例え話が長くなってしまいましたが(汗)

日々のレッスンでいっぱいいっぱいの私は、
たくさんあるアイテムをひとつずつ深く突き詰めて学ぶだけの時間がない…
けど、空いた時間に読む指導書や本から得られる情報は一方通行。
見渡すと、それぞれの『アイテム』を深く突き詰めた友達がいる!
『私にも教えて~♪』
そんな私自身が学ぶための場所(機会)だったりするのです。

さらには、
これはピアノの指導に限ったことではない。
いろんな職業・いろんな立場の方々が必要とされているはず。
『一緒に学びたい方いませんか~?』
いろんな講座・セミナーの開催はまさにこの感覚なのです。

セミナーの主催者にはなっていますが、
実は私が一番目の『受講希望者』なのです。
e0063675_09043037.jpg







by asukamusic | 2017-09-09 08:02 | 講師のつぶやき | Comments(0)

確認しながら進む

レッスンに対して生徒本人や保護者の方はどんなことをのぞんでいるのかな?

私が『生徒』だった一昔前なら、
そんなことを聞かれもしなかったし
こちらから言うこともなかった。

当時のレッスンは、
どれだけ技術を高めていけるか、
どれだけ生徒がついていけるか、
『どうしたいか』『どうするか』の決定権は
生徒本人ではなく講師にあったような気がする。
さらには『こうなりたい』という思いがあれば、それを引き出すのは講師ではなく、
生徒自身が示さないといけなかったり。
それはたまたま私が指導を受けてきた環境がそうだっただけなのかもしれないのだけど。

確かに私も『この子は今が伸び時!』と感じると生徒の背中を押す手に力が入ってしまう。
その気持ちが生徒側と講師側が一致していればなんの問題もないのだけど、
生徒や保護者がそれを望んでいなかったら、どうだろう?
もしかしたら私の手が強すぎたら生徒は息切れしてしまうかも…。

逆に、いつも静かでマイペース
きっとこの生徒はのんびり行きたいのねと判断しても
ほんとは静かな熱意を秘めていたり。

はたまた『こうなりたい』と言うが生徒や保護者にあったとしても
そこにどんなレッスン方法で、どんなペース配分で進んでいけばいいのかがわからなくて
うまく時間が使えなかったり。

どんな風にレッスンを進めたいか
どんな早さで進んでいきたいのか
限りある『子供の成長期』の中でどこまでどんなペースで到達したいのか
この気持ちが一致していないと
うまく進まないような気がする。

それを時々確認しながら
同じ方向を見て進めていかなければ…と感じるこの頃。
e0063675_11594769.jpg


by asukamusic | 2017-08-25 20:12 | 講師のつぶやき | Comments(0)

どう進むか?私の場合

一度しかない自分の人生、
どう生きるか?

・・・なんて言うと大袈裟だけど、
年を取ると『自分の時間』には限りがあることを知る。
だったら、
少しでも自分らしく
少しでもわくわく
少しでも自分にしかできない何かを
そう思うのは私だけではないはず。

もっとレッスンを充実させたい。
もっと生徒たちにいろんな経験、いろんな知識・技術の習得をさせてあげたい。
そして、もっと『私』を充実させたい。

そう思ったときに、
何をどうするか?どう進むか?

私の場合、
『きらきらしている人』を観察します(笑)

この人、いいなぁ~
この人、すごいなぁ~

『その人』がどうやって『そうなったのか』をじっくり観察。
表面的なその人の作る言葉ではなく、実際のその人を客観的に観察~(笑)

真似する訳じゃない、
その人のコピーになりたい訳じゃない、
私は私で、私にとって必要なものを手に入れるための方法の模索…みたいな。

日々、私探し(笑)

今日よりも明日の自分が一歩前にいれるように♪


e0063675_20502933.jpg











by asukamusic | 2017-08-19 20:34 | 講師のつぶやき | Comments(0)

『今』から『次』へ

『今』を作っているのは『過去の自分』。

『今』が突然魔法のように現れたわけではない。

もし『今』が、
自分にとって望んでいた『今』ではないのだとしたら、
きっと『何か』が足りなかった…そう思うことにしている。

そして、
『今』が自分の望んだ『今』だとしても、
それがずっと続くわけではない。
もちろん続けばいいと思ってはいるのだけど…。

たとえば、この仕事。
沢山の生徒を抱えて日々楽しくレッスンできても、
子供たちは成長し、いつかは教室を巣だっていく。
同じ状態がずっと続くわけではない。
会社勤めのような安定はない。

けど、反対から見れば
良くも悪くも『やってきたこと』が『結果』として自分に返ってくる。

100%とは言わないにしても
私自身は『今』に満足はしている。
けどその満足している『今』を続けるには、
同じ事を同じだけ頑張っていてもダメってこともわかっている。

だから、『今』を続けるために『次』を考える。

・・・なんて大袈裟なことを書いたのだけど、
『次』に元気一杯向かっていけるように
今日はガン検診に(笑)
ひとつ心配のタネはなくなった!

次に向かって進むぞぉ~~~っ!
e0063675_16303155.jpg







by asukamusic | 2017-08-10 16:14 | 講師のつぶやき | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite