音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

巨人の星

子どもの頃見たアニメ「巨人の星」。
今思えば、あのトレーニングはなぁ~・・・・と思うモノばかりなのだけど

で、今日レッスンに来た生徒。
先週は私にこっぴどく叱られて・・・泣かされて・・・・
今週はどうレッスンを引っ張っていこうか方向性を考えていたら
あれまっ!随分上達してきている。

先週の泣き顔(T^T)ウッウッウッが、笑顔(* ̄∇ ̄*)エヘヘに変わっている。

おおおお~っ!

何が起きたのか生徒に尋ねると
「お母さんとスパルタした!巨人の星なんだよ!」と言う。

「巨人の星」を知っているのか訪ねると
「しらん・・。けど巨人の星みたいな練習してきた~」と。
(@^_^)ゞ ポリポリ

よくわかんないけど、お母様にしごかれたみたい。

でも・・・・しごかれた割には、とっても楽しそう。

この生徒の気持ちの中で、「練習の大変さや辛さ」に、「出来るようになった事の嬉しさ」が勝った瞬間。
by asukamusic | 2005-10-28 23:59 | ある日の風景 | Comments(0)

採算

ピアノ教室は、「先生」がいて、「ピアノを指導する場」。
でもその前に、「先生」にとっては「仕事」であり、見方を変えれば「事業主」。

よく私が同業者から言われることは「採算のとれないことはしてはいけない」と・・・。

こう見えて、まっすぐに音楽の道を進んできた訳ではない私は
大学で会計学の講義も取っていたし、
専門は会社法に証取法、保険法などなどの商法分野。
簿記だって2級。
採算がなんだか・・・くらいはちゃんとわかっている。
採算を取るためにはどうしたらいいか、経営云々も多少はわかっている。


でもさぁ・・・
頑張っている子ども達を見ていると・・・ついついやってあげたくなる。
頑張ろうと思ってもらえるために・・・ついついやっちゃう・・・。

たぶん・・・経営者としては失格なのかも。

発表会やクリスマス会の赤字の代わりに
ご父兄から頂くとれたてお野菜や、晩ご飯のおかず・・・
お誕生日のプレゼント・・・
それで気持ちの赤字は解消されているのだけど。
by asukamusic | 2005-10-27 22:05 | 講師のつぶやき | Comments(2)

辛いモノは辛い・・・

練習ってなんだ?????

音楽の道をまっすぐに進んできた訳ではない私は考える・・・。

子どもの頃は、同級生がみんな同じピアノ教室に通っていて
中でも私は一番下手で・・・・(* ̄∇ ̄*) エヘヘ
いつまでも同じ曲やっていて・・・
先生の陰謀か・・・(今思えば私が悪い・・・)、発表会には「バイエル」の中から
なんばんだっけ?「ド~レ~ミ~」と全音符から始まって、八分音符に変わっていくやつ・・を弾かされた。
今の自分が、子どもの頃の自分のレッスンをしたら、きっと「最低の生徒」のレッテルを間違いなく貼る・・・。

中学に入って、ろくに弾けもしないのに、「ピアノを習っている」ってだけで、人よりも音楽が出来ると思いこんでいた私は吹奏楽部に入る。
周りはみんなピアノがばりばりに弾ける方ばかり・・・(* ̄∇ ̄*) エヘヘ
でもそこで「練習の大変さ」と「練習して得られる大切なモノ」をはじめて学んだ。

練習もろくにせずに、上手くなれるモノなんて何一つない。

吹奏楽部のあまりのハードさに休んでいたピアノを、3年になって受験を前に、吹奏楽部の引退とともに再開する。

ここからが、私の本当の意味での「ピアノ」の始まり~~。

なんて遅いスタートなんだ・・・・と自分でもあきれるのだけど
子ども頃の私は「頑張る」事がなんなのか全くわかっていなかった。

きっと、こんな子どもは他にもいるだろうし、
私の生徒の中にもいるだろう。

だから、まだ頑張ることを知らない子ども達が、少しでも「がんばるってこういう事なんだ~」と感じる事が出来たら・・・と悪銭苦闘中。

あのときの私にもう一度会うことが出来たら(タイムマシンがほしい~)
こう言うことを伝えたい・・・と思うことを、自分の生徒達に伝える。

練習ってなんなんだ????の答えを生徒自身が自分で答えを見つけてくれるための手助のために。
by asukamusic | 2005-10-26 23:57 | 講師のつぶやき | Comments(6)

クリスマスプチコンサート

昨年から、小学校6年生以上の生徒、もしくはブルグミュラー以上の生徒に関しては、クリスマス会をレッスン室ではなく「外」で行っている。

場所は、市内の「シンフォニー」さん。
e0063675_15192974.jpg
とても素敵で落ち着いた雰囲気の店内は、子供達の気持ちの中に何か「今までと違うモノ」を感じさせてくれるよう。
昨年のプチコンサート後の感想は
「演奏していて気持ちよかった」と言う。




うちの教室の場合、発表会は市内のホールで実施するモノの、小さい子に照準を合わせ
会場の雰囲気を和やかなモノにしているから「緊張感」と言う点では少し物足りないかもしれない。

こういう場での演奏は、ただ「弾く」だけでなく、「聴いてもらう」と言う意識も大切。
それぞれ生徒の中に「意識の変化」を感じざる事が出来たら・・・と思うのだけど・・・。

でも・・・仕上がりがイマイチなんだな・・・(~~#)ウラァ~
受験生の仕上がりが悪いのなら、十分「受験勉強が大変だから」と理解することも出来る。
けど、何日か前の日記にも書いたけど、受験生の方が頑張っている。

「仕上がりが悪ければ、即刻中止!」と生徒には言い渡した。

しばらくは鬼になりましょう~♪
by asukamusic | 2005-10-25 15:29 | レッスンについて | Comments(4)

レッスンの間隔

私のレッスンで、大切にしているモノのひとつのに「レッスンの間隔」がある。

大人なら、先の予定を見越して、練習のスケジュールを組み立てていくことは可能だろうけど
子供の場合(まして、ピアノの練習大好き!と言う生徒以外)、レッスンの間際になって慌て練習すると言うことがしばしば・・・。
で、祭日でレッスンがお休みになっても、倍の練習が出来ている訳でもなく
大慌てで一夜漬けの練習をするか・・
はたまた、練習しようと思っていた日に、何か用事が出来て練習できなかったり・・・と。
で・・・気持ちの面でも
けっしてレッスンは嫌いではないのだけど
間隔があきすぎると「まぁいいか・・・」「なんだか面倒・・」と腰が重くなるようで・・・。

逆に
クリスマス会やイベントを前にして
普段のレッスン以外にアンサンブルの練習などで週に何回か来るようになると
「来ることに慣れる」のか、足取り軽く、表情も明るい。
(沢山練習している訳でもなく、普段のレッスンよりも私の激怒の嵐に頻繁にあうことになると言うのに・・・)

レッスンの間隔・・・この不思議な現象のために
私は年間50回近いレッスンをしているわけで・・・・・。

クリスマス会に向けて、ますます過密スケジュールの私・・。
by asukamusic | 2005-10-24 22:25 | レッスンについて | Comments(0)

練習量

子どもの生徒の中で、今一番練習量が多いのは『中3』の生徒達。

もうすぐ受験で・・・
来月初めには志望校が決定する大切な模試があるというのに
どういう訳か一番練習してくれている。
自由参加の「クリスマス会」の申し込みもしてくれて、最後まで譜読みも出来ている。
おまけに・・・
「ピアノを弾いているときが一番楽しくて、熱中できて、時間を忘れる~♪」
なんて、講師泣かせの事を言ってくれる。

うれしいじゃ~ん!!!!(◎⌒ ⌒◎)

この年の『中3』の生徒達は、私がこの仕事を始めた年に入会してくれた生徒ばかりで、
レッスン室ではじめて行った第一回目の「発表会」から参加してくれている。
私自身が自分の事を「先生」と呼ばせる事に抵抗があった時期で、
私のことを未だに名前で呼ぶ。
いい意味でも悪い意味でも、私との距離が近い生徒達で、おかげで、反抗期には思いっきり反抗的な態度でレッスンを受けていた時期もあったけど・・・。

ピアノを弾くことが素直に楽しいと感じてくれていること。
受験勉強のストレスのはけ口や息抜きにしてくれていること。

うれしいじゃ~ん!!!!!(◎⌒ ⌒◎)


でも・・・・キミたち、受験勉強は大丈夫か?????????????
by asukamusic | 2005-10-21 21:36 | ある日の風景 | Comments(2)

メンテナンス

最近、フルートがイマイチ・・・・
音はかすれるし・・・・
高音は出ないし・・・・
吹いていても何か「漏れる」感じがする。
「冬の日本海の荒波」と言われていた私のフルートの音色に
「吹きすさぶ北風」が加わったような感じ(* ̄∇ ̄*) エヘヘ

絶不調・・・(┰_┰) ウルルルルル

初めのうちは、「そのうち元に戻るかな~♪」とお気楽に構えていたのだけど
あまりにも長すぎる不調の波・・・・(┰_┰) ウルルルルル
で、先生が私の楽器を吹いてくださって、楽器自体にも問題があることが発覚!!!
(キーがういているところがあったようで、そこから息が漏れて音がかすれていたみたい・・・)
不調の波から脱すべく、あわてて楽器店にフルートを持ち込んだ。

来週にはメンテを終えて戻ってくる予定。

これで脱出できるか!!!


楽器店のメンテナンスのおにいさん
ついでにぴかぴかにしてね~♪とお願いして帰ってきた(* ̄∇ ̄*) エヘヘ
ついでについでに「春の日だまりのような音」が出るようにメンテナンスしてくれたら
もっと嬉しいのだけどぉ~♪
by asukamusic | 2005-10-19 23:21 | 音楽的趣味 | Comments(4)

生徒からの電話

火曜日、夕方6時を過ぎた頃、決まって電話が鳴る。

「せんせぇ~・・・○○だけどぉ・・・」

その後に続くのは
「今日、頭が痛くてね・・・・」

・・・・・・・・・・休みか????

「今から寝るから・・」

・・・・・・・・・休みだ。

「行く前に練習できないから、上手に弾けんかも~」

・・・・・・・おっ、来るんだ!

レッスンをお休みする電話かと思いきや、レッスンまで身体を休めると言う報告の電話。
行く前のおさらいは出来ていなかったモノの、練習不足ではない。

そして今日の電話は
「ハノンのリズム変奏がわかりませ~ん」

( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!

さて、来週はどんな内容の電話がかかってくるか!!
かなりこの電話が楽しみな私~♪
by asukamusic | 2005-10-18 23:49 | ある日の風景 | Comments(0)

せんせいのさけび

今日はちょっと叫んでいい?

誰にって?
・・・・生徒にご父兄に、そして私自身に。

   『天才なんて、そんなに滅多にお目にかかれるものじゃない!!』

ピアノを弾く事に関して「天才」ってどれくらいいるだろう?
きれいなピアノの旋律を聴いて、弾きたいと思う気持ちはきっと誰もが持つ気持ち。
自分で弾きたいと思う人はピアノを習ったり、独学でも練習してみたり・・・
少しでも、きれいに弾けるようになりたいとピアノに向かうだろう。

そう!そこから練習がはじまる!

出来なくて当たり前なんだから!

出来たらすごい事なんだから!

ひとつずつ出来るようになればいい。
自分なりに頑張っているのだったら、「いつまでにこのテキストを終わらせる」なんて言う「期限」もない。自分のペースでいい。
出来ないからもがいているんだって、当たり前の事を当たり前に受け止めてほしい。

はじめから難なくこなせる「天才」なんて滅多にお目にかかれないし、教えることを仕事にしている私だって「天才」じゃない。
毎日、「出来ない」を「出来た」に変えるためにもがいているんだから(* ̄∇ ̄*) エヘヘ
by asukamusic | 2005-10-17 21:26 | 講師のつぶやき | Comments(0)

宿題のーと

レッスン補助のため「宿題のーと」を生徒に持たせている。
e0063675_10482654.jpg
よく楽器店などで市販されているレッスンノートのようなもの。
うちはレッスン回数が多いため1年分を書くことが出来ないのと、市販のモノは子どもが喜びそうなイラストが多いのだけど、メモ的なことを書く部分少ない。
あともうひとつ・・・結構いいお値段(@^^)ゞ ポリポリ


私が小さいときによく感じたのが
「先生は先週こういうふうにいったのに・・・・今週は違うこと言ってる」。
些細な事なのだけど
「繰り返しをきちんと付けて、曲の流れを」
そういわれたはずなのに、翌週レッスンに行くと
「繰り返しはいいから」
( ̄~ ̄;) ウーン
子ども心に、先生先週言ったこと忘れているんだぁ・・・と少し寂しくなった記憶が・・。

生徒にとったら、たった一人のピアノの先生。
ピアノのレッスンで言われたコトは結構記憶に残っている。
けど、先生にとったら生徒すべての宿題を事細かく覚えているのはたやすいことではない。
一人につき3つ宿題を出したとして、すべての生徒というとかなりの記憶が必要で・・・。
それでもかろうじて、誰に何を宿題として出しているかは(レッスンカルテにメモしているから)覚えているのだけど、どういう風にレッスンを進めていき、どういう風に課題を出したか言うことまでとなると・・・・
(* ̄∇ ̄*) エヘヘ

私にとっても大切なレッスン補助のノートになっています。
また、ご父兄にとっても、メモ欄に「今週は・・・・」と練習できなかったときの理由や、練習していく中で行きづまっている様子など、おうちでの様子を書いてくださる方もいらっしゃるから、練習していないことだけに対してむやみに怒ることはなくなった(@^^)ゞ ポリポリ

で・・・・9連休の私でしたが、お休みに入る前までのレッスンで、私がやらなくてはならないことがレッスンカルテに付箋でいくつも貼ってある。
「○○ちゃん ○○の楽譜コピー」「○○ちゃん アレンジ」「リコーダー譜用意」等々・・・・
やばい・・・(TT; )( ;TT) オロオロ 
今日は仕事・・・

まるで宿題をさぼっていて慌てている生徒の気分(* ̄∇ ̄*) エヘヘ
by asukamusic | 2005-10-16 11:04 | 教材について | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite