音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

にょきっ!

宿題に出していた発表会のプロフィールをまだ出していなかった生徒。
私の留守中、郵便受けにちゃんとプロフィール用紙を届けてくれた。
そして玄関には今年もたけのこぉ~(◎⌒ ⌒◎)
e0063675_2247459.jpg
お母様から「宿題は郵便受けに、たけのこは玄関先に置いておきました」とメールを頂き、思わずたけのこのお礼を返信。

いやいや・・・
生徒がちゃんと宿題を持ってきてくれたことを褒めてあげなきゃ~(* ̄∇ ̄*) エヘヘ

今夜は、たけのこと若芽の煮物とチンジャオロース♪
明日は、たけのこご飯♪

で・・・
by asukamusic | 2006-04-29 22:45 | ある日の風景 | Comments(2)

お休み


4月29日~5月7日まで、レッスン調整および祝日のためレッスンはお休みになります。
by asukamusic | 2006-04-28 22:12 | 講師のつぶやき | Comments(2)

気になる

練習をしっかりしてきて、しっかりレッスン出来た時は楽。
だって私の言いたいことが伝えられるから。
ここはこういう風に~とか、こういう風にしたらもっとよくなる~とか言いたいことが言える。
私も実に楽しいし、生徒も満足げ。
どんな教材を使って、どんな風にのばしていこうかなんて考えるとますます楽しい。

気になるのは、練習できていない生徒。
実はこちらの方が何倍もパワーを使う。
怒られて楽しい子供はいないはず。けど怒らずにはいられない場合がある。
昨日もレッスン室にあるデジピで1時間居残りを命じた生徒がいた。
でも怒るだけでは前に進まないことはわかっている。
だからパワーが必要な訳で・・・
どうしたら伝わるのか・・・・
どうしたら楽しいと感じてもらえるのか・・・

レッスンが何時間も続き、仕事が山積みで目が回る忙しさよりも
実は、練習を上手く出来なくて前に進むことが上手く出来ない生徒をどうしたらいいか・・
こちらの方が気になる。
by asukamusic | 2006-04-28 10:37 | 講師のつぶやき | Comments(2)

合わせる

音楽的趣味のフルート・・・・
一人で吹けても、私が吹くのは2本のフルートのためのソナタ
相手とあわないといけない(@^_^)ゞ ポリポリ

で、相手のパートをmidiで作って
自分なりに、揺らす部分は揺らして、揺らしてはいけいない部分は規則正しく。
我ながらいい出来の相手方パートのmidi♪

で、それに合わせて練習を始めたのだけど
あいませぇぇぇぇぇぇ~ん・・・・(T∇T) ウウウ
如何に自分の吹き方がハチャメチャか客観的に確認することが出来た(T∇T) ウウウ

で、で、うちの生徒達
最近連弾を嫌がる。
「合わせるのが難しいから」と。

こういうことなのね・・・
こういう気持ちなのね・・・・

音楽的趣味から子供の心を発見。
by asukamusic | 2006-04-27 23:58 | 音楽的趣味 | Comments(0)

発注

今日は文房具やさんに電気やさんめぐり。
発表会のプログラムやプロフィールの用紙を発注に行く。
田舎だから「コレください~!」ってすぐに必要な枚数がそろわないのが悲しい・・・。

他の先生方の素敵なプログラムをならべ
刺激をいっぱい受けて
今年はどんなプログラムにしようかな~と思いをめぐらせる。

この時期、ドレスやワンピースを新調したと言う話をご父兄から聞く。
私に出来るのは指導者としてのサポートと企画者としてのサポート。
生徒を泣かせた分、頑張らせた分、
私も私の立場で出来ることをがんばらなきゃ~。
by asukamusic | 2006-04-24 23:44 | 発表会について | Comments(2)

魔法の言葉

子ども達の練習が日常的になる魔法の言葉があればなぁ~

歯磨きしない人はいないし
ご飯の前には手を洗うし
学校の宿題だって嫌々でも出してきて机に向かう

練習してもらえるような
魔法の言葉・・・・使えたらなぁ~


・・・・・・休日の講師のつぶやき( ̄-  ̄ ) ンー
by asukamusic | 2006-04-23 23:41 | 講師のつぶやき | Comments(2)

第2回 おんコン♪

来週のレッスンで2回目の「おんコン」をやる予定。

うちの教室。
コンクールを目指す生徒もいれば、親に叱りとばされて嫌々レッスンに来る生徒もいる。
通ってくる生徒のカラーは様々。
それぞれ一人の生徒をとってみても、頑張れる時期と全く頑張れない時期がある。
子ども達にとって「ピアノがすべて」ではないからある意味それは仕方のないこと。

ただ、私が思うのは、
常にこちらから頑張れる「材料」を提供し続けること。

前回やる気がなくてぼろぼろでも、今回頑張ってくれるかもしれない。
前回頑張ったけど、今回は頑張れないかもしれない。
1回だけの頑張れる機会ではなくて、何回も頑張れる機会を作り続ける。

で・・・音コンの問題を作っている最中(* ̄∇ ̄*) エヘヘ
by asukamusic | 2006-04-22 11:01 | レッスンについて | Comments(0)

例え絶不調でも指が動けばピアノは音を出してくれる。
それが「奏でる」の域に達していなくても、「曲」と言える域に達していなくても
譜面上の音符は音として現れるわけで・・・。

これがフルートの絶不調となると「音」さえ出やしない(T∇T) ウウウ

「発表会まであと何回だっけ?」・・・・「7回」・・・・

猫が歩いても音が出る・・・なんて言われているピアノ
猫でも吹けば押しが出るフルートがほしい・・・・(T∇T) ウウウ

「奏でる」なんて次の次元の話し・・・・(T∇T) ウウウ
by asukamusic | 2006-04-21 23:08 | 音楽的趣味 | Comments(4)

辛いモノ

大人の生徒さんとのレッスンでの会話。
その生徒さんは、看護士さん。
すでにベテランの域に達しておられる方で、私から見ればとても頼りになる看護士さん。
それでもやはり仕事が怖いとおっしゃっていた。

ある時、ご年輩の患者さんがこうおっしゃったという
「死期を待つだけの病と仕事ほど辛いモノはない」と。
世の中で「仕事」と言うものはほんとに辛いものだ・・・と。

なんだか、私の方がその言葉に救われた。
大変で当たり前なんだ・・・って。
みんなそれぞれに何かをかかえながら、それでも懸命にがんばっているんだ・・って。
by asukamusic | 2006-04-20 09:57 | ある日の風景 | Comments(2)

がんばるよ!

がんばるぞぉ~っ お~っ p(・∩・)q
そう言う気持ちに私を引き戻してくれたのは、やっぱり生徒。

レッスンをしていると近所に住む別の小さな生徒が走ってきた。手にはプリント。
ずっと出来なかったプリントの宿題を頑張ってやり遂げて持ってきてくれた。
額に汗を浮かべて、息を切らして(◎⌒ ⌒◎)

夕方、中学生からメールが入った。
「練習したいから今日は早めにいってもいい?」と。
おうちにはちゃんとピアノがあるのだけど、夜勤もあるお仕事をされている家族を気遣ってなかなか思うように練習出来ない。レッスン室に置いてあるデジピでヘッドホンをして自分のレッスン時間が来るまでひたすら練習。そして自分のレッスン時間の間中、弾けない部分を何度も何度も・・ほんとに何度も何度も・・こちらが根負けするほど練習した。
終わってからも残って練習していた。

あ~っ こういう生徒の姿勢を見ていると、凹んでいる場合じゃないと。
のほほんとレッスンしている場合じゃないと。

思わず中学生の生徒に
「ありがとぉ~っ」って(* ̄∇ ̄*) エヘヘ
by asukamusic | 2006-04-19 22:19 | ある日の風景 | Comments(2)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite