音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年もタケノコ~♪

じゃ~ん♪
e0063675_2253869.jpg

今年もとれたてほやほやのタケノコが我が家に♪
でっか~いタケノコにちゃんと米糠もつけてくださってある。
レッスン話題とは関係ないのにこっちのBlogに書くのは、毎年持ってきてくださるのが生徒のご父兄♪
只今、大きなお鍋で糠と一緒にぐつぐつやってます。

胴体(?)の部分は若竹煮。
頭(?)の柔らかい部分はお刺身に。

今日はこの生徒も練習の成果が少しずつ出てきていたし、タケノコも頂いたし、
嬉しさいっぱいです♪
by asukamusic | 2008-04-29 22:17 | ある日の風景 | Comments(0)

私的な準備

今日は私の洋服の大半を作ってくれている「Nagumo's Brand」のせんせ~とでぇと♪

発表会で着るドレス(ワンピース)の生地選びに福井市までお出かけ。
勿論、夕方からはいつも通りレッスンが入っているからいつもよりだいぶ早起きして♪
お店はこちら
広い店内には生地が山積みされていて選び放題~♪

今年はワイン系の下地に限りなくグレーに近い薄紫のレースを合わせることに。
私にしては珍しい色です。
大抵黒が多い私。
でも今年は周りから「黒は却下。黒なら作るな!」の指令がでて・・・・(笑)

唯一の発表会の私的準備が完了。
後は完成を待つだけ~♪

追伸:発表会で私が着るドレスのオーダー代は生徒さんから集金する発表会費の中から支出している訳ではありません。みんなが発表会のために衣装を購入するのと同じ感覚であくまでも私的な準備なので当然自腹です。
(発表会費の中から支出していると思っている方がちらほら・・・)
by asukamusic | 2008-04-24 23:59 | 発表会について | Comments(0)

緊張感戻る

今日はピアノの調律。

ピアノのチューニングピンにチューニングハンマーをガチャンと差し込む音。
微妙に操作しながら少しずつ整えられていく音。
ユニゾンやオクターブが鳴り響くこの調律のピアノの音を聴くと、どこからか緊張感が戻ってきて心をしゃきっとさせてくれる。

普段レッスン室のピアノの調律をするのは
発表会前の4月と、うぃんたぁ~コンサート前の11月。
そしてそれぞれのイベント前日に会場のピアノを調律してもらう。
だから、調律の音が響くと「特別」な緊張感が生まれるのかも。

そろそろ私もエンジンかけて、生徒達の背中を真剣に押さなきゃ~!

演奏完成度を確認してもらうための「録音」までどの曜日もレッスンはあと4回。
録音しながら完成度を高めてもらうためのレッスンがあと3回。
合計7回のレッスンで本番を迎える。

まだまだ2ヶ月あると落ち着いている場合じゃない。
by asukamusic | 2008-04-22 15:55 | ある日の風景 | Comments(0)

同じだけど同じじゃない

毎年発表会を開催していると
生徒自身の中からもも、ご家族の中からも
意気込みだとか、緊張感だとか、達成感、
そういう「大切なモノ」から新鮮味が消えていくのを感じる。
確かに、長いピアノとの関わりの中で
同じモチベーションで発表会に臨むことは難しいかもしれない。

けど、
同じように見えて、実は同じじゃない。
少しずつ成長している生徒自身の心と技術。
その時その時で感じる事も違うはず。
同じように見えて、得るものは同じじゃない。
同じように見えて、求めているモノは同じじゃない。

それは練習から本番のステージまでの時間の中で
生徒本人も家族の方々も、当日演奏を聴きに来てくださっている方々にも
「演奏」という形で本来は伝わるはずなのだけど・・・・。
習い事に対して様々な考えがある現代、その当たり前の事が伝わらないこともしばしば。

すべての生徒がそうだと言うわけではない。
逆に一部の生徒に対して感じることなのだけど。
また今年もか・・・って言う空気を感じると、もっとはっきり誰もがわかる形で、
発表会自体にも、企画自体にも「同じじゃない」ものを示さなければならないのかもと思ってしまう。

確かに・・
私自身の中にも「慣れ」で動いている部分がないとは言えない。

せっかくの頑張りが
マンネリ化の中で掻き消されてしまわないように。
by asukamusic | 2008-04-20 20:48 | 発表会について | Comments(0)

小さな生徒さん

今日は午前中、小さな生徒さんのレッスン♪
うちの教室の最年少さん。
この4月に入会されて、今日は2回目のレッスン日。

色塗りに、音遊び、カード遊び、
テンション上がりまくり~♪

この小さな生徒さん、在籍している生徒の妹ちゃんなのだけど
私が何年か前に入院したとき、
同じ日にお母様が病院に入られて
私の病室の真下の階で生まれたというご縁♪
生まれたときから知っているちっちゃな赤ちゃんが
ミッフィーちゃんやミッキー、キティーちゃんとプレピアノコースで奮闘するまでに成長♪

兄妹連弾が出来るようになるといいね~♪
by asukamusic | 2008-04-18 11:45 | ある日の風景 | Comments(0)

大人の生徒さん

教室を始めた頃は子供が中心の教室だったけど
ここ数年は、大人の生徒さんの入会もあり、教室の年齢層も広がった。
今日もお一人、大人の方が入会された♪

大人の生徒さんとのレッスンで一番私が気を使うのが
「習いたい!弾けるようになりたい!」という気持ちを、いかに「持続」してもらうことが出来るか。

ピアノは、すぐに成果がでるものではないから
とにかく続けてもらうこと。
コツコツ頑張ってもらうこと。
それが大事。
けど仕事が忙しかったり、
すぐに出ない結果に焦ったり、めげたり、
初めの気持ちを持続することはなかなか難しい。

ピアノを頑張る事が生活や仕事の中で負担にならないように
焦らず、それぞれにとって楽しめるペースで
初心を大切に頑張っていって頂きたいな~と思う。
by asukamusic | 2008-04-16 19:34 | ある日の風景 | Comments(0)

筋トレ

生徒が
「あのな、せんせ、
 発表会の曲を練習するようになって右腕が太くなった感じがする~。
 筋肉がついたかも~!」
と、二の腕を気にし始めた。

彼女の弾く曲は「トルコ行進曲」。
確かにオクターブをギリギリで掴む手で、フォルテで歯切れ良い音を出そうと思うと力も入る。
私も初めてこの曲を弾いたときは、力任せに腕の力だでがんがん弾いて
同じように手の甲や腕が痛くなったなぁ~って子供の頃を思いかえす。

この曲が気に入って、
発表会前のまだ早いこの時期にいい感じに演奏できるようになるまで練習してくれた彼女。
そのやる気を大事にするために、「筋トレ」ではない弾き方と音作りのレッスンをしなきゃ~♪
by asukamusic | 2008-04-15 23:11 | ある日の風景 | Comments(0)

プレゼント♪

レッスンをしていると玄関チャイムが鳴った。
出てみるとドアの外には小さなお客様が立っていた。
生徒の妹ちゃん♪
小さな手にはピンクのお花の小さな花束が。
「はい♪あげる」と恥ずかしそうに差し出してくれた。
e0063675_143387.jpg

ありがとね~♪
写真を撮った後玄関に飾った。
そこを通るたびにピンクの花束から小さな心の暖かさが伝わってくる♪
by asukamusic | 2008-04-09 23:59 | ある日の風景 | Comments(0)

延期か・・

今年の夏はレッスン室のエアコンを新しくしようと考えていた。
去年の夏あたりからどうも冷房の効きが悪い。

でもね・・・
e0063675_10572918.jpg
(携帯カメラの望遠で撮ったためぼけてるけど・・)
毎年やってくるツバメくん達がエアコンのパイプの上に巣を建設中!

ここに越してきてから毎年のように来てくれているツバメくん達
ツバメが来る家は幸せになるとか・・・

買い換えるときはエアコンをもうひとつ大きなサイズに使用と考えているため
室外機のパイプも付け替えらしい・・・
ツバメが巣立っていくまではエアコン工事は無理みたい。
今年も冷えないエアコンに扇風機で省エネかな(苦笑)
by asukamusic | 2008-04-08 11:00 | ある日の風景 | Comments(0)

スタート!

公立校では今日が入学式♪

春休みで楽しそうな生徒達につられて私まで春休みボケ(笑)
でもそろそろ新しいスタートをきらなければ!

月曜日から発表会に向けての「完成度表」をレッスン室に設置。
それぞれの仕上がりと頑張りに応じて色塗り♪
それぞれの100%の仕上がりを目指して頑張ってもらいましょう~!

で、密かにうちも生徒募集!
新聞広告を入れているわけでも
店舗にチラシを貼らせて頂いているわけでもなく
ただ、教室入り口(玄関ホール)の掲示板に張り出しているだけ。
いったん玄関に入らないと見えない所だから、教室関係者にしか目に付かない(笑)
密かな生徒募集(笑)
by asukamusic | 2008-04-06 23:31 | ある日の風景 | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite