音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

【ぴあの教室の創り方】森田の秘密⑪

『出る杭は打たれる』かぁ…

会社勤めを経験してからこの世界に入った私は、『ピアノの先生』の独特の世界観と難しさを感じていた。

さらには…

教室を始めて一年が経った4月には生徒数は30名をこえていた。

『お試しピアノ講師』から気持ちだけは脱出していたのだけど、
教室の設備は相変わらず…。
リビングに置かれたアップライトピアノ。

あかんやん…

地元の楽器店の営業さんは相変わらずで
『アップライトでレッスンしている先生なんていませんよ』と。

これは確かに『正論』。
反論の余地なし。

グランドピアノを入れて、
『リビング』を少しでも『レッスン室』に近づけるように生活感をなくさなきゃ!

でも…私のやることなすことに否定的な営業さんにうんざりして、別の楽器店の展示会に足を運んだ。

が…そこでも…

展示会ではその楽器店の営業さんがグランドの説明をしてくれたのだけど、
私が教室を始めて一年、生徒数が増えてきて『今の環境』ではレッスンの責任を果たせないことを正直に話すと…

『敦賀の人は"新しいもの好き"ですから』と。

その営業さん曰く、
『敦賀の人は"新しいもの好き"で、新しい教室が出来ると、わぁーっと最初は人が集まるんです。あと2,3年もすれば生徒はいなくなりますよ』と。

かなり…驚いた…

私が社会人になって初めての仕事は『営業職』。少しは『営業』を学んでいるつもり。
これが『モノを売る』相手に対して言う言葉か?

もちろんこの展示会で私がグランドを買うことはなかったし、
あと2,3年で衰退する教室と見込んだこの営業さんがその後うちに来ることもなかった。

ただ…
別の楽器店の二人の営業さんが言うのだから、当時の私はまだ『山のモノか海のモノか』わからない危うい講師だったのかもしれない…。

これで、
会社勤めの時とは違って、
この世界には仕事のやり方や問題を解決するために力を貸してくれる『上司』は存在しないことだけは鈍い私にも理解できた。

地元には『友達』も『上司』もいない…。

私はとんでもなく『独特の世界観』をもつ世界に飛び込んでしまったのかな…。

これから先、どう進めばいいのかの不安…

不安…

不安…

まだこの時は、
ただ異質な独特な世界にしか見えていなかったこの仕事。
これが本当は『異質』ではなく、会社勤めとは違う『すべての責任を自分で負う』と言う『責任』故のことだと気づかない私。

この時の私を動かしていたのは、
うちの『ぴあの教室』に集まってくれた生徒たち。そして保護者の方々。
『この教室を選んでよかった』と思ってもらえるように、回りがなんと言おうと、私は『責任』を果たさなきゃ!と懸命に。

この『責任』が、
この仕事にとって『当たり前』のことで、
『この仕事の最も大切な部分』だと言うことに気づくのも、もう少ししてからのこと…

本当はこの二人の楽器店の営業さんが悪いわけじゃない。
駆け出しの頃は、
自分自身の中の甘えが炸裂していて、
『自分が』やらなければならないこと
『自分で』やらなければならないこと
それがなにもわからず、
なにもしてくれないまわりが『敵』に見えたのかもしれない…と、今になって気づく。

どーしようもないお馬鹿な私(苦笑)


・・・・続く(笑)


今年は20回目の発表会♪
ちょっと『自分』をふりかえって『ココロの足跡』を少しずつ綴ってみようかと。
【ぴあの教室の創り方】
■森田の秘密⑩
■森田の秘密⑨
■森田の秘密⑧
■森田の秘密⑦
■森田の秘密⑥
■森田の秘密⑤
■森田の秘密④
■森田の秘密③
■森田の秘密②
■森田の秘密①

【ぴあの教室】
メール ohirune.piano1999★docomo.ne.jp
★マークを@マークに変えて送信ください。
e0063675_10470806.jpg











# by asukamusic | 2017-05-10 08:52 | ココロ足跡 | Comments(0)

やる気モード炸裂!

月曜日7時からレッスンの生徒ちゃん。
保護者の方から夕方ラインが入る。

お休みの連絡か?

・・・と思いきや、
送られてきたのは一枚の写真 ↓

やる気モード炸裂!
楽譜台紙をテープでデコ♪
更には学校にも楽譜を持っていって音楽室でも弾いていると。
スイッチ入りまくり~~!
e0063675_08004420.jpg

# by asukamusic | 2017-05-09 07:56 | ある日の風景 | Comments(0)

【ぴあの教室の創り方】森田の秘密⑩

『ぴあの教室』のホームページ。
■こちら 『ぴあの教室』

今はblogやFacebook等で自由なやり取りが出来るようになったため『掲示板』は設置していないのだけど、
当時あった『掲示板』での自由な会話を目にしたのが、うちの教室の担当だと言う楽器店の営業さん。

『敦賀ではホームページ開設している先生なんていませんよ』と。

それは…
『敦賀で貴重な存在ですよ』の褒め言葉的な意味合いではなく、
『目立つことをしていると、ますます孤立しますよ』だった。

更には…
『おもしろく思われない先生方もいますから、叩かれる材料になりますよ』とまで…。

ちょっと驚いた私だったのだけど…

『やめないよ…』 → ココロノコトバ

笑顔で『そーなんですかぁ』と、
営業さんの言葉を聞き流す強さ(半分強がり)をいつの間にか私は身に付けていた。
この時点で私には全国に沢山の『お友達』が出来て、頼れるのはこの楽器店の営業さんじゃない!ってことだけはわかっていたから。

生徒たちの写真を集めて『生徒紹介』のスライドショーを発表会の受付で流している。
発表会の演奏はあとから編集してDVDにしている。
すべて私の手作りなのだけど、この『やり方』を教えてくれたのも、
当時ネットを通して知り合った『お友達』。

でも…
何もかもが快適なネットでの交流ではなかった。

発表会をこっそり見に来たと言う地元の先生らしき方からの厳しい書き込みも…。
駆け出しの新人講師だから当然厳しい意見もあって当然なのだけど、
地元の先生らしき方の書き込みは『批判』ばかりで、じゃあどうすればいい?的なアドバイスもなにもなかった…。

『出る杭は打たれる』か…。

この時の私は簡単に誰でも打てるくらい脆弱な杭(存在)でしかなかった。


・・・・続く(笑)



今年は20回目の発表会♪
ちょっと『自分』をふりかえって『ココロの足跡』を少しずつ綴ってみようかと。
【ぴあの教室の創り方】
■森田の秘密⑨
■森田の秘密⑧
■森田の秘密⑦
■森田の秘密⑥
■森田の秘密⑤
■森田の秘密④
■森田の秘密③
■森田の秘密②
■森田の秘密①

【ぴあの教室】
メール ohirune.piano1999★docomo.ne.jp
★マークを@マークに変えて送信ください。
e0063675_10470806.jpg







# by asukamusic | 2017-05-09 07:24 | ココロ足跡 | Comments(0)

【ぴあの教室の創り方】森田の秘密⑨

レッスンを重ねるごとに、
発表会をしてみて、
やっぱり『友達』がほしいと切実に思うように…。

私に全く『友達』がいなかったわけではない。
初めての発表会もどきも、高校時代からの友人や幼馴染みが手伝いに来てくれた。
でも、『こんなときどうしたらいい?』とレッスンのことを語るには『同業者』の『友達』でないと共感しあえないし、アドバイスも聞けない。

で…一大決心!

ネットで『ピアノ教室』と検索。
今ではなんてことのない『検索』も、
パソコンやネット初心者の私にとっては、当時は『占い』と同じくらい『現実でない世界』だと思い込んでいた。

が!!!

そこには、全国のいろんなピアノの先生方がホームページを開設し、日記(今で言うblog)で日々のレッスンについてオープンに書かれていた。

ここだ!

当時、皆さんのホームページの中には『掲示板』も併設されて、いろんな方がいろんな書き込みをされていた。
それを読みながら、
『私も同じ!』『こうやって対処してるんだ!』と。

恐る恐る…私も書き込みを…。

これがピアノ講師『飛鳥』の誕生。

まだ今のように実名でネットに書き込みをする時代ではなかったから、『森田』ではなく、『飛鳥』と言う『ハンドルネーム』を使って。

でも、ここには、
『ネット』=『どこの誰だかわからない』=『怪しい』の公式は微塵も存在しなかった。

それぞれが『名刺』がわりに、自分のホームページを立ち上げた。
それが『どこの誰だかわからない』を払拭し、『自分』に責任を持っていることの『証』のようなもの。

当時は今のようなネット社会ではなく、
ネットからの集客と言う概念はまだまだ浸透していなかった。
『生徒募集』のためのホームページではなく、あくまでも講師間の交流のアイテム『名刺』的な位置付けで始まった。
それがうちの『ぴあの教室』のホームページ開設のきっかけ。

いつの間にか私には『全国』に『友達』ができた!

更には、誰もが『自分のやっていることを隠さない』気質がそこには存在した。

『この曲を弾かせたいのだけど、出版されている楽譜ではまだ難し過ぎて…』と相談すると、
『こんな風にアレンジしてみたよ』と楽譜を送ってくださる先生。

『発表会をどんな風に…』と相談すると、
いろんな先生方から発表会のヒントや発表会のビデオが!

夜遅くまで『チャット』でいろんな話で盛り上がった♪
その後、ネットの世界の先生方と言う実在しない存在ではなく、何人もの先生方と実際にお会いし、お互いの発表会に足を運んだ。

そう!
昨年コーチングセミナーの講師として敦賀に来ていただいた『松本美和先生』も、当時は『美和ちゃん』としてこの輪の中でいろんな話をした大切な『仲間』のひとり!

今ではうちの教室の発表会で滞りなく司会進行をしてくださっているN先生も、この頃からの大切な『仲間』のひとり!
愛知県から毎年うちの発表会のために駆けつけて力を貸してくださっている。

やっと仲間ができた!と喜ぶ私。

が…それを心良く思わない方もいた…。

・・・続く(笑)


今年は20回目の発表会♪
ちょっと『自分』をふりかえって『ココロの足跡』を少しずつ綴ってみようかと。
【ぴあの教室の創り方】
■森田の秘密⑧
■森田の秘密⑦
■森田の秘密⑥
■森田の秘密⑤
■森田の秘密④
■森田の秘密③
■森田の秘密②
■森田の秘密①

【ぴあの教室】
メール ohirune.piano1999★docomo.ne.jp
★マークを@マークに変えて送信ください。
e0063675_10470806.jpg


# by asukamusic | 2017-05-08 10:26 | ココロ足跡 | Comments(0)

【ぴあの教室の創り方】森田の秘密⑧

生徒が13人になった秋、初めての『発表会』を計画してみた。

レッスン(教室)を始めてからまだ半年。
今思えば、何も『発表会』の開催を焦ることはなかったのだけど、
『何か』をしていないと落ち着かない自分がいた。

集まってくれた生徒たちに
ピアノが好きになってもらうにはどうしたらいいだろう?と言う『表向き』な課題。

集まってくれた生徒たちに
『ピアノやめたい』と言わさないようにするにはどうしたらいいだろう?と言う『内心的』な課題。

これがピアノ講師一年目の私のテーマのようなもので、
ピアノに関心を持って続けてもらえるように、『楽しい』や『わくわく』を作らなければ…と、焦るばかり。

でも…

初めての『発表会』は、
レッスン室とは言い難いリビングでの実施。
内容的にも、
とても『発表会』とは言い難い『弾き合い会』のようなもの…。

そんな『発表会的要素』をうまく盛り込めない私を実施が12月であることが助けてくれた。

そうだ!『クリスマス会』にしよう!

『発表会』と胸を張って言えるような内容が思い付かなかった分、
生徒や保護者に対して、この企画を提示するにはこれしかない。

『ぴあの教室でクリスマス会をやります』
『ひとり一曲弾こうね~』
『そのあとは、クリスマスリースを作ろうね』

…と。

こんな調子で、こんなことしか思い付かない私が『発表会費』を徴収することなんてできるはずもなく…

《発表会経費》
お菓子@300
クリスマスリース材料@1000
ビンゴ景品@800

一人辺りの経費2,100円に対して、
実際に集金したのは1,000円。

あかんやん…

やるべきことも
やらなきゃいけないことも
何もわかっていなかった私・・・。

やっぱり…頑張れば頑張るほど、この世界で相談できる『友達がほしい…』と切実に思うように。
さあ!実行に移さなきゃ!

・・・・続く(笑)



今年は20回目の発表会♪
ちょっと『自分』をふりかえって『ココロの足跡』を少しずつ綴ってみようかと。
【ぴあの教室の創り方】
■森田の秘密⑦
■森田の秘密⑥
■森田の秘密⑤
■森田の秘密④
■森田の秘密③
■森田の秘密②
■森田の秘密①

【ぴあの教室】
メール ohirune.piano1999★docomo.ne.jp
★マークを@マークに変えて送信ください。
e0063675_10470806.jpg


# by asukamusic | 2017-05-07 08:11 | ココロ足跡 | Comments(0)

【ぴあの教室の創り方】森田の秘密⑦

思いがけず、ご近所さんからの声をかけてもらい、
3月に2人の生徒からスタートした教室は
4月には4人に。

たとえ数人でも、
『次の仕事が決まるまでのお試しでいいから』とレッスンを請け負ったお友達と私の間の弛い約束は、この時点ではもう通用しない。

さらに、
ママ友の『クチコミ』パワーは偉大で、
5月には7人に…、秋には13人の生徒が集まった。

『お試しピアノ講師』から脱出しなければ…。

私が今まで受けてきたレッスンのこと、
大学時代の恩師の元で代理講師をしたときのこと、
数少ない経験を懸命に思い出しながらの、まさしく『必死』なレッスン(笑)

でも、
『レッスンを受けること』で得た経験も
『代理講師としてレッスン』した経験も、
この『自分が生徒たちの成長に影響を与えながらレッスンする』ことに対しては、たいして役には立たなかった…。

壁…かべ…カベ…(泣)

誰かに相談したくても、
異空間に思えた楽器店で誰彼構わず『あのぉ~…』と話しかけられる雰囲気は皆無で…。
更には、どの先生方も迷いなど微塵もなく凛とまっすぐ前を向いて自信に満ち溢れているように見えた。

この世界では、
友達がいない…
なんだかひとりぼっち…。

○○先生のお弟子さん、○○音大卒の仲間、
そんな風にいくつかのグループがあると聞かされた。

どこにも属さない私。
相談できる友達がほしい…

そこで私がとった行動は…

・・・・続く(笑)


今年は20回目の発表会♪
ちょっと『自分』をふりかえって『ココロの足跡』を少しずつ綴ってみようかと。
【ぴあの教室の創り方】
■森田の秘密⑥
■森田の秘密⑤
■森田の秘密④
■森田の秘密③
■森田の秘密②
■森田の秘密①

【ぴあの教室】
メール ohirune.piano1999★docomo.ne.jp
★マークを@マークに変えて送信ください。
e0063675_10470806.jpg


# by asukamusic | 2017-05-06 09:33 | ココロ足跡 | Comments(0)

なんと!

20回目の発表会を記念して綴っている『ぴあの教室の創り方』森田の秘密(笑)を、
美和ちゃんこと松本美和先生がご自身のblogで紹介してくださってる~♪

近々、松本美和先生になる前の美和ちゃんが登場しますので、乞うご期待!

■松本美和先生のblogはこちらです
e0063675_15305200.jpg

# by asukamusic | 2017-05-05 15:25 | ある日の風景 | Comments(0)

【ぴあの教室の創り方】森田の秘密⑥

お試しピアノ講師森田の一ヶ月目は赤字のスタート。

『お勤め』しかしたことのなかった私にとって、安定したお給料が存在しないことが、
さらに不安…

でも…
このお試し講師をやめたとしても
戻るのは『ぷーたろう(無職)』の私しかない。

お試しレッスンをしている私の自宅は
お勤めしていた頃に建てた一般的な住宅。
ピアノはリビングに置いてある。
半ば飾りのようなアップライトピアノはごくたまに休日に弾く程度だから、当然防音なんてしていない。

ここは田んぼを埋め立て造成した数件が集まる小さな新興住宅地。
近所にどんな人が住んでいるのかさえ知らない。
時折見かけるご近所の方は私と同じくらいの年齢かなぁ…程度しか接点がなく、
あまり夕方近い時間にピアノの音を出すと苦情がくるかなぁ…とハラハラ…ドキドキ…。

なるべく近所の方と顔をあわさないように…
会話の隙を与えないように…
たとえ近所の方とばったり会っても、最低限の挨拶を営業時代に培ったとびきりのスマイルを残し去っていくことを心がけた(笑)

ところか…

『森田さん…で、よかったよね?』
名前もあやふやなくらい浅いご近所付き合い。
ご近所の方に声をかけられた。

『ピアノの音が聞こえてるよね?』

やばい…

『ご主人と二人暮らしで子供さんはいないんだよね?』

やばい………

『時々、子どもが出入りしているのを見かけるのだけど…』

ぁぁぁ…やばいーっ!
怒られるーーー!

『始めるための理由』を探していた私の気持ちが、
今度は、無理だったんだと言う『やめるための理由』をものすごいスピードで探し始めた。

ところが!

『うちの子、この春から一年生なのだけど、ここでピアノ教室やっているのなら通わせたいのだけど』と。

えーーっ!
苦情じゃなかった!

この苦情かと思って身構えたご近所さんとの出会いが、私が『お試しピアノ講師』から『ピアノ講師』へと気持ちがワンランクアップするきっかけに。

そして、ママ友の『力』を思い知ることに。

・・・続く(笑)




今年は20回目の発表会♪
ちょっと『自分』をふりかえって『ココロの足跡』を少しずつ綴ってみようかと。
【ぴあの教室の創り方】
■森田の秘密⑤
■森田の秘密④
■森田の秘密③
■森田の秘密②
■森田の秘密①

【ぴあの教室】
メール ohirune.piano1999★docomo.ne.jp
★マークを@マークに変えて送信ください。
e0063675_10470806.jpg


# by asukamusic | 2017-05-05 07:28 | ココロ足跡 | Comments(0)

レッスンはお休み

ゴールデンウィークですね♪

ぴあの教室も、5月3日(水)~6日(土)まで、通常レッスン及び予約制レッスンがお休みになります。

オンとオフしかない私。
仕事頭のままでは休日を満喫できない性。

連休1日目。
月曜日までに終わらせなければならない事務仕事を片付け、ようやく仕事頭オフに!
マッサージで体のメンテナンス♪

連休2日目。
冬から放置していた髪。
ようやく美容院に行けました♪
そして!
何ヵ月ぶりだろう、おひるねーっ!

私にとっての『贅沢』は、
時間をだらだらと過ごすこと(笑)

この連休4日間が終われば、
仕事頭に切り替えて、発表会に向けて突っ走る時期。

ほんのひとときの休日を満喫しております♪

e0063675_16252598.jpg



# by asukamusic | 2017-05-04 16:14 | ある日の風景 | Comments(0)

【ぴあの教室の創り方】森田の秘密⑤

不安だらけのスタート。

これは『お試しレッスン』
次の仕事が決まるまでの『つなぎ』の約束だから…
そんな無責任なことを、無責任だと知りながら自分に言い聞かす私。
そうすることでしか『新しいことを始める不安』『別世界に足を踏み入れる不安』を沈めることができなかった…

とりあえず、なにを準備したらいあえのだろう…

ピアノだ!

今までは自分だけが弾いていたピアノ。
調律は、新築を機にピアノを搬入した二年ほど前して以来放置。
教えるのなら、いくらお試しレッスンでも調律はしておかないとなぁ…。

レッスンのために調律をすることに。

その月の二人分のお月謝@5,000円×2=10,000円。
調律代10,000円。
プラスマイナスゼロ、と言いたいところだけど…

『特別』でない私が『お試しレッスン』をする。
『お試しレッスン』イコール『お試し講師』。
『お試し講師』の身分の私が、レッスン報酬を頂いていいのか…気が引ける…しかも友達の子供さん…。

今考えるととんでもない判断なのだけど、
この時、教材費を集金できなかったんです…。

となると、
プラスマイナスゼロどころか、二人分の教材費分のマイナス(汗)

『お試し講師』の森田の一ヶ月目は、
赤字スタート。

なにやってるんだか…
まだ『ぷーたろう』をしていた方がよかったのかな…

・・・・・続く


今年は20回目の発表会♪
ちょっと『自分』をふりかえって『ココロの足跡』を少しずつ綴ってみようかと。
【ぴあの教室の創り方】
■森田の秘密④
■森田の秘密③
■森田の秘密②
■森田の秘密①

【ぴあの教室】
メール ohirune.piano1999★docomo.ne.jp
★マークを@マークに変えて送信ください。
e0063675_10470806.jpg


# by asukamusic | 2017-05-03 09:16 | ココロ足跡 | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite