音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

タマゴとニワトリ

卵が先か、ニワトリが先か
練習用楽器の話。

子供の習い事に買い与えるにはピアノは高価だし、場所もとる。
けどやっぱり自宅でも「ピアノ」で練習しているか「電子ピアノ」で練習しているか、
それだけでも指の成長や進度に差が出てくる。
二つの楽器の性質の違いと、ピアノで練習することの大切さを訴え続けているのだけど
なかなか保護者の方の心には届かないのが現状。
ヤマハなどの楽器メーカーの電子ピアノではなく、ホームセンターで数万円で売っているような電子ピアノを買い与え、
「あとどのくらいで幻想即興曲が弾けるようになりますか?」
「何年したらカンパネラが弾けるようになりますか?」
なんて質問も飛んでくる。
講師にしたら、その質問がどれだけ無謀な質問か・・簡単にわかるものだけど
ピアノに触れたことのない保護者にとっては「ただ知らない」だけの質問。
簡単に検討できるほど安くはないピアノ
悪意があるわけでもなんでもなく、ただ「知らない」だけ。

ピアノを習ったとのある保護者の方なら「卵が先」
卵がなけりゃ~、そこから成長も何もあったもんじゃないでしょ・・・と考える方が多い。
時々卵のままふ化しないで終わってしまう場合も雨けれど(苦笑)
習ったことのない保護者の方は「ニワトリが先」と考える方が多い。
ニワトリがいるから卵がを産まれる。
確かにね、卵を産むためのニワトリがいなきゃはじまらないよね。
でも、卵がなきゃ、卵を産むためのニワトリが存在しないよ・・

ってな具合で
練習用楽器選びは堂々巡り。

でも、電子ピアノ選択組の保護者の方も
子供のと力と成長次第で「心」は変わる。

結局のところ
電子ピアノでいかにピアノの技術を身につけさせることができるか
それがイマドキ指導事情なのかも・・・
by asukamusic | 2010-03-19 20:40 | ある日の風景 | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite