音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

おつかれさま♪

昨日の夜、レッスンを終えた頃
Mちゃんママからメールが届いた。
「無事に合唱コンクールの伴奏を務めることができました」と。

よかった~♪
少ない練習時間の中からほんとに頑張ったね!



私が思うのは、
ピアノが子供達にとって大切な財産になってほしいと言うこと。
教室に在籍しているときはもちろんだけど、
バリバリと難しい曲を弾きこなすようになってくれれば言うことはないけど、
教室をやめてからも、せめて合唱コンクールの伴奏や、自分が弾きたいと思った曲を
自分の力で譜読みして、弾いて、音楽を楽しめる事ができるようになってほしいな~と。

現代の子供達の習い事事情や勉強の環境を考えると
ほんとに限られた時間とパワーしかひとつの習い事に費やすことができないのが現実。
その中で
私が一番大事にしたいのは「基礎」。
自分が進んだテキストレベルまでは、自分の力で弾けるだけの力を付けてほしい。
もちろん、さらにコンクール等で力試しをしてくれると嬉しいのだけど
コンクールにただ出ているだけで、実は自分の力では・・・では、本当に力がついたと言えるのか疑問。
どちらかしかできないと言うのなら、
私は「基礎」。

それでいいのかなと疑問や不安もあったけど
教室を巣立っていった生徒が、そのあとも「ピアノを弾ける子が他にいないから」と伴奏を頑張ってくれる生徒達を見ていると
その子達にとってちゃんと「財産」になっているなぁ~と嬉しくなる♪
by asukamusic | 2010-09-06 23:35 | ある日の風景 | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite