音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

さぁ!頑張るぞ!!

9連休もそろそろ終わり。
明日からはまた通常レッスン再開!
どんなに好きな仕事でもリフレッシュは必要。
このお休み期間、仕事を忘れてのらりくらり~♪と過ごさせていただきました。

で、明日からは「うぃんたぁ~コンサート」に向けてのレッスンはもちろんのこと
その準備にも取りかからなきゃ~!!



いかに生徒たちに「目標」を意識して頑張らせるか・・・
コレが難しいところ。

正直、すべての生徒が「弾けるようになりたい」と純粋に思ってくれている訳ではない。

誤解のないように・・・
どの生徒ももちろんちゃんと「弾けるようにはなりたい」とは思ってくれている。
けど「弾けるようになるにはどうしたらいいか」に結びついていない・・・と言うか
弾けるようになるには練習しかないのだけど
その練習を毎日毎日自ら進んで楽しみながらやる・・・に結びつけるのが難しいところ。

だから「ココロのエサ」が必要(言葉は悪いのだけど・・・もっといいたとえはないのか・・・・)。
この「ココロのエサ」は何も「練習を頑張ったらご褒美がもらえる」だとか、「うまく弾けるようになったら何か買ってもらえる」だとか・・・そういうモノではない。
それだと「自分のために頑張っている」ではなく、「頑張れされている」に変わる。
「頑張らされている」が次第に「言われたとおりに頑張っているのだから」とまるで誰かのために頑張ってあげているになる。
これじゃ・・・悪い意味での単なる「餌」。
ココロは誰かに飼われている訳じゃない・・・・これじゃ餌付けになってしまう・・・。
いやいや・・・自分のために頑張らなきゃいけない。自分でココロの栄養分を吸収出来るようにならなきゃいけない。

たとえば・・・
「楽しい居残り」「楽しいお呼び出し」(笑)

練習不足でレッスン日以外も呼び出されて、教室の電子ピアノで練習する。
生徒本人ははじめは嫌々・・泣きながらの時もある(苦笑)
けど送迎のお母様方が「えらいね~頑張ってるね~」と声をかけてくださる。
時にはレッスンに来た生徒がお呼び出しの生徒に「頑張れ」と声をかけてくれる。
それが励みになったりもする。
時にはお呼び出しの生徒が複数になり、「自分だけ・・・」っていう劣等感が
「みんな頑張ってる」と仲間意識にかわり励まし合うようになる。

今回はどんな手で気持ちをひっぱろうか・・・(またまた言葉が悪くて誤解を招きそうだけど・・・)

そのうち誰かに与えられたきっかけではなく
自分で目標を見つけて自分の力で目標を達成しておなかいっぱいになることが出来るようになる。
そう、「純粋に頑張れる」ようになる。

そうなってくれるまで手をかえ品をかえ悪銭苦闘するのも私の仕事のうち。
by asukamusic | 2011-10-16 20:41 | ある日の風景 | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite