人気ブログランキング |

音のある風景 ~敦賀市のぴあの教室・森田佳代子です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

私のままで・・・

この仕事を始める以前・・・
大学を卒業してすぐ自動車会社の「営業職」についていた。

技術を提供する今のこの仕事。
サービスと製品の情報を提供する前職。
何かを提供すると言う点では共通する部分もあるのだけど
どちらかと言うと、「お客様」に合わせる事の多かった営業職。

ピアノ講師というこの仕事に就いたとき、
一番抵抗があったのが「先生」と呼ばれること。

その気持ちをずっと大切にしていきたい・・・・。
怒るときも、褒めるときも、
たわいない会話も、
常に上からではなくて、同じ位置から。

同業者から見れば、貫禄も何もないへらへらした講師に見えるかもしれないけど
それでいいじゃない~
そんな講師がいてもいいじゃん・・・。
私は私。
横から・・同じ位置から、子ども達の背中を押し続けたい。





新しい生徒さんの時間が合わずにお断りするとき
高飛車にならないか、ものすごく気を遣う。

表向きは募集をしていないから
たいていの方は現在いらっしゃる生徒さんのご父兄を通じて「紹介」という形で
連絡を頂く。

そこまでしてご連絡をいただける事はとても嬉しい。
何よりも、ご父兄からご紹介頂くことが嬉しい。
(よく叱りとばして泣かしている生徒のご父兄だったら特に(* ̄∇ ̄*) エヘヘ)

うちは、特にピアノの世界でこれからも活躍していきたいと言う生徒は・・・いない。
一番音楽に関係のあるモノは・・・保育士志望かな。
コンクールにばんばん出しているわけでもない。
学校の合唱コンクールでピアノ伴奏ができる(レベルの)生徒も・・・・少ない。
ごくごく普通の町のピアノ教室。

だから、なんの変哲もないうちの教室に、
ご紹介いただけるだけで、募集をストップしてからも
私に出来る範囲でどうにか時間をやりくりし、できるだけの事はしてあげたい気持ちになる。
(なぜか・・・生徒数は、今までにない大所帯になっている。)

でも・・・
やっぱり私一人の身体と時間では限界があるわけで・・・
3時からレッスンをはじめて、9時には終了しなければならない。
どうしても「お断り」するしかない・・・。

ある先生は、
「生徒を断れるなんてうらやましい(高飛車な)行動ができていいわね~」なんて言うけど

断るって心が痛い・・・(;___;)ウルウル
高飛車なわけでもない・・・。

でも・・・「お断り」するときに、高飛車な態度や言動にはならないように
紹介頂いたご父兄にも、ご連絡くださった方にも嫌な気持ちをさせないように
それだけはほんとにほんとに・・・気を付けたい。
by asukamusic | 2005-11-08 11:24 | 講師のつぶやき | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite