人気ブログランキング |

音のある風景 ~敦賀市のぴあの教室・森田佳代子です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

発表会の出来事<その2・最後まで頑張る事>

最近の子供たちは忙しい。
みんなが「何も用事のない日」を探すのなんて限りなく不可能・・・。
当日は、体調不良でお休みした生徒が1名いたものの(コレばかりは仕方ないよね・・)
それ以外の生徒達は参加してくれた。
中には英検の受験日と重なった生徒も!
2時過ぎに検定を終えて、自分の演奏の時間ぎりぎりに滑り込んでくれた♪
みんな頑張って練習してきたのだから、当日その成果を披露することで
自分の頑張りを「完成」させてほしい。




通常の部活動を「お休み」することはピアノ教室では「強制」出来ない。
生徒や保護者の判断に任せるしかない。
もしも試合などと重なり、
その生徒が発表会を抜けることで部活やチームに迷惑がかかるのであれば
試合を優先する決断をしても仕方がないと思う。
ピアノは「個人」であり、発表会を休んだとしても誰に迷惑がかかるわけではない。
ただ自分自身の頑張りが不完全燃焼という結末になるだけ。

では部活が通常の練習ならどうだろう・・・????
今まで過去の発表会では基本的にこちらから「休んでください」と言ったことはない。
逆にどうしているのかと聞くと
「部活は休みます」「部活は休ませます」と発表会に備えてくれているのだけど
今年は少し様子が違い・・・部活に参加してから発表会にくると言う生徒も見られた。
遅刻してきたわけではないから、それをどうこう言うことは本来なら出来ないのだけど
演奏は今まで頑張って仕上げてきたことを十分に発揮出来るモノではなかった。
生徒に聞くと、その日一度もピアノを弾かずに本番で演奏したという・・・。
ある意味「行き当たりばったり」的な行動。
出来れば当日会場に来る前に最後の演奏確認はしてほしい。
最後まで気を抜かずに、油断せずに、頑張り通してほしい。

学校での学習のひとつである部活動に関してどんな強制もこちらから出来ない事はわかっているし、発表会に遅刻してきたわけでもない。
当日の部活について何か言うわけにはいかないのは十分承知した上で
敢えて、この生徒には「結果」をどう作るかを考えてほしいため、私の気持ちを率直に話した。

演奏を聴きに来ている人には「当日の演奏」だけが「その生徒の演奏する力」であり「結果」。
どれだけ練習してきたか
どれだけ頑張ってきたか
それは誰の目に見えるモノでもない。
それを「結果」として表すことが出来なかったら・・・。

その「結果」が自分の望むモノならそれでいい。

改めて自分自身で考えてもらうため生徒に考えることを「課題」にした。
そして私自身にも「課題」としてこれから考えていくことに。
by asukamusic | 2012-06-24 22:12 | 発表会について | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite