音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

どう選ぶかな?

今週は来年中学生になる生徒に新年度に関するお便りを配布。

まだ8月。
今年度もまだ半分も終わっていないのだけど、
新年度のことも少しずつ考えています。

ぴあの教室の生徒たちは
『中学生になり忙しくなるから』
『高校生になり忙しくなるから』
と言う理由での退会はほとんどなく、
辞めていく生徒は(ほとんどが長く続けてくれているため新規の楽器の購入がなく楽器店泣かせですが)、
他に頑張りたいことがみつかって早い時期に方向転換するケース。

ピアノはすぐには結果がでない。
すぐに上手くなれるものではない。
長く続けることで積み上げていくもの。

だから、
いろんなものを抱えている子供たちが
それを如何にペース配分していくか。

ひとつひとつ自分で考える
『今、頑張ることは何か』
『どんなペースで頑張るか』

これが出来るようになると、
いろんなものをうまく両立していけるようになるように思います。
その結果が、長く続けてもらえることに繋がっているのかなぁと。

これって、ピアノに限らず
何かをするときに
『こうしなさい』と
大人が『結論』を示すことは
確かに子供がより良い方向に進むことが出来るようにと、子供のことを思ってのことなのだけど、
子供にとって『自分で考えた(決めた)こと』ではないから、
壁にぶつかったときに気持ちが止まってしまう。

だから
『自分で決める』
『自分で選ぶ』ことは
頑張り続けるためには大切なことなのかなぁと。

でも、『放任』とも違う。
『好きなようにやりなさい』ではない。

親や指導者、子供のまわりにいる大人の仕事はそんなに楽なものじゃない。

『答え』を言っちゃえば楽。
『放任』すれば楽。

ちょっと面倒で大変な作業だけど、
子供たちが『答え』を自分で見つけられるように、選んだときの『先』を想像させる作業が必要。

来年、進学する生徒たちはどんな選択をするのかなぁ。
私だけではなく、まわりの大人のそんな気持ちが伝わっているといいなぁと思いながらお便りを配布。

e0063675_08020121.jpg










by asukamusic | 2018-08-03 07:24 | 講師のつぶやき | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite