音のある風景 ~敦賀市にある小さなぴあの教室です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

選曲ウィーク♪

夏休みが終わり、まだ残暑の中ですが…
今週は『クリスマスコンサート』の選曲weekです。

クリスマスコンサートまでの通常レッスンは、
完成確認のための『録音』を除くと、8回ほど。
背伸びをせず、この8回ほどのレッスンでしっかりと仕上げることの出来る曲を生徒たちと一緒に考えています。

ホールでの実施ではなく、いくつかのグループに分けてレッスン室での実施のため、ピアノ曲に限定はしていません。

でも、ちょっとずつ生徒たちに変化が。

今まではポップス系の曲を希望する生徒が多かったのだけど、大半の生徒は普段使っているテキストや曲集の中からピアノ曲を選曲。

ピアノ曲が良くて、ポップス系がダメとは言いません。

ピアノ曲は
『ピアノのために書かれた曲』もしくは『ピアノを学習するために必要な技術を身につけるために書かれた曲』です。
やはりそこには練習することで身に付くモノの量は沢山含まれています。

ポップス系や映画に使われている曲は、
『弾けるようになると楽しい』…ピアノを学習していく長い過程の中で、ピアノに対する興味を維持するために、気持ちの面で必要になるときもありますが、それぞれの学習過程に沿ったものであるかと言うと…。

教室に通う中・高生たちがそうであるように、
ピアノの技術が身に付けば、好きな曲を自分の力で好きなように弾けるようになります。

しかし…
ピアノの経験のない方にとっては、
馴染みのある流行りの曲を弾くことが『いい』と感じる方も…。
この感覚の違いをどうにかしなければ…と思っていたのですが、
それを変えてくれたのは生徒たちでした。

好きな曲(ポップス系)だと、
長いし~、
リズムが難しいし~、
両手で合わせるのが複雑だし~
と(笑)

後ろ向きな理由ですが(笑)
そこを感じ取ってくれたのならよかった。
技術がつけば、長さもリズムも負担になることはなくなります。
手取り足取りの譜読みは、お互いに労力だけが大きく、その曲を弾ききったあとに残るものは無理したわりには少ない…。

さあ!
どんな曲が出揃うかな~♪
e0063675_13100736.jpg








by asukamusic | 2018-09-11 12:42 | レッスンについて | Comments(0)
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite