人気ブログランキング |

音のある風景 ~敦賀市のぴあの教室・森田佳代子です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

手を離す理由

怒る方と怒られる方。
実はどっちも辛い。
怒る側だって、けしていい気持ちではない。

だけど、怒らなければならないときもある。
笑顔だけでは伝えられない時もある。
本当は手とり足とり時間をかけて一緒に練習してあげたいけど
それじゃ、いつまでたっても自分で前に進むことが出来ない。

上手に弾きたいと願うのはみんな同じ。
じゃあどうすればいい?
こんな簡単な質問の答えなんてとっくにわかっているよね。
でも、頭の中と行動がまだ結びついていないだけ。

自分の限界を決めるのは「自分」。
「どうしたいか」という心の中の希望を「形」にするのも自分。
「やらされている」ではなく、「やっている」と感じて欲しい。
少しだけ大人になって欲しいから
少しだけ私も寄り添っていた手を離す。

突き放しているように思われるかもしれないけど
実は・・・突き放すことの方が、かまうよりももっともっとパワーがいる。
手を離した分、ちゃんと前に進んでくれるか、転ばないか、心配と不安は大きくなる。

伝わるといいな・・・
どうして突き放しているのか
どうして怒っているのか



講師の立場ではいくらでも理想は言える。
フルートの教室では私も「生徒」。
音大出ではないから、副科だった訳でもなく。
小さい頃から習っていたとか、吹奏楽でフルートだった訳でもなく。
全くの素人。
その教室の子ども達に混ざって、若い先生の下で発表会にも出る。

仕事を持ちながら、毎日忙しいと自分を追いつめながらの生活の中で
「どうしたいのか」と言う「理想」に近づくために
自分は「どうしているのか」考えてみた。

もうすぐ発表会もある。
ステージでは私が望む「理想」の演奏にはほど遠い結果となることは想像がつく。
それが私の今の実力。(実力と言うにはおこがましいほど低レベル)
私が講師として生徒には怒っているけど、
実際の所はその生徒の演奏とは比べものにならないくらい低レベルの演奏しかできない。
けど、あとに「後悔」だけは残したくない。

そう、結果に続く課程を歩く力を持ってほしい。
それが伝えたい・・・・。
それを伝えたい・・・・。
by asukamusic | 2006-06-14 02:48 | 発表会について | Comments(6)
Commented by mie at 2006-06-14 10:36 x
飛鳥先生、その気持ち、痛いほどよく分かります。
そうやって突き放したくなる生徒ほど、あまりこちらの気持ちがわかってくれないんですよね。
どうかどうか体調を崩されませんように・・・
Commented by エムエム at 2006-06-14 11:02 x
ご無沙汰しております。
今、大変な時期ですね!頑張ってください。
私の教室も、大方の生徒がそうです。
練習の必要性をすごく分かってはいるけど行動に結びつかない。
発表会真際に焦り出し、「先生、もうレッスンしてくれないの?」
と言い出し、自主的に練習しなくちゃいけない時期のギリギリになっても
練習できない生徒もいたりします。
怒りたくないけど、怒らないでいいのであれば、きっと生徒も先生も発表会を終えて後悔してしまう結果になることは分かっているし・・・。
いい結果を残して欲しいと願う気持ちがもっと伝わればと、ほんといつも思います。
Commented by 飛鳥 at 2006-06-14 23:22 x
mieさん
きっとどの生徒の気持ちの中には「すらすらと上手に」という事はあると思うのだけど、じゃあどうすればいいのかと言う行動に繋がらない。
繋げられるのは自分しかないと言うことをわかってほしくて、必死の見守り体制に入っています。
あと10日頑張ります~
Commented by 飛鳥 at 2006-06-14 23:22 x
エムエムさん
なんだか落ち着かない時期になってきました。
でもこの「落ち着かない」と言う気持ちでいてくれるのはどれくらいの生徒達だろう・・・と考えます。本番を前にいい意味で焦る気持ちを持ってもらえるほど熱くなってくれると嬉しいのだけど・・・・。
私も後悔だけは残したくないので、あえて今年はほとんど補講をしていません。出来ない生徒を呼びだして補講をして・・・・それを繰り返すだけでは生徒自身も私も前に進めないような気がして。
生徒も大変だけど、見守る私も今年はキツイです~

Commented by 美和ちゃん at 2006-06-15 01:21 x
わかるわかる・・・
補講って 意味がない生徒もいますよね?

実は一人の生徒さん
みんな ソロと連弾やるのに その生徒さん ちっとも練習してなくて
連弾 辞めさせました

だって ソロは弾けなくても その子だけの問題
連弾はそんなわけには行かないもの・・・

というわけで 急きょ 息子に白羽の矢が・・
悪戦苦闘しています。
一人だけ 私が連弾のペアを組むわけには行かない・・・

私も 今年は きついです
教室便りに SOS ってタイトルつけちゃいました
あとは お母さまが頼り・・
今週の日曜のリハーサルで 私の気持ちを伝えて 
何をやるべきか 応援をお願いするつもりです
Commented by 飛鳥 at 2006-06-15 09:18 x
美和ちゃん
だんだんと気持ちがピークになる時期ですよね。
大きい子も小さい子もご父兄も、少しずつ「補講を入れてもらったら弾けるようになる」という意識を改革したくて・・・。
もしかしたらいつになく完成度の低い発表会になるかもしれないのだけど、子ども達の中の意識に少しでも「変化」のある機会にしたいと考えています。

美和ちゃんの所は息子さんがピンチヒッターで頑張ってくれるのね~。
がんばれ~っp(*^-^*)q がんばっ♪
もちろん美和ちゃんも頑張れ~p(*^-^*)q がんばっ♪
私も頑張るぅ~p(*^-^*)q がんばっ♪
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite