人気ブログランキング |

音のある風景 ~敦賀市のぴあの教室・森田佳代子です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

どう捉えるか

「発表会」をどう捉えるか・・・

純粋に「演奏会」と捉えるとすると、
演奏に生徒も私も責任を持たなければならない。

「日頃の練習の成果を披露する場」と、もう少し大きく捉えるのなら、
もちろん、演奏に責任を持たない訳ではないのだけど、
それまでの課程や、その生徒にとって大切なモノを伝える場として
大切に役目を果たしてくれる。





中学生以上の生徒達の大半が「ほとんど弾けていない」状態。
謙遜でも何でもなく、誰がどう聴いても弾けていない。

演奏会だと捉えるのならば、とても人前で弾けるレベルまで仕上がっていない。
そう言う生徒をステージに立たせる事は考えものだろう。

けど、「発表会」をレッスンの一環として考えるならば、
「弾けていない」をどう克服するか、今回の失敗をどう乗り越えるか・・・
大きな意味を持つことは確か。

弾けていない生徒が、突然ステージで完璧な演奏が出来るはずはない。
その時にその子が感じる「何か」を感じさせたいという思いもある。
悔しい思いをしたのなら、同じ事は二度と繰り返さない「学習」が出来るだろうし・・・、
逃げたいと思ったのなら、今回逃げたことが、きっと心の中に残って、同じ事は二度としないだろうし・・・。

さらには
どうにか弾けるようになりたいと焦りはじめ、懸命に頑張っている生徒に
「出なくていい」と言う言葉だけは、私からは絶対言ってはいけないような気がする。
頑張り出すのが遅かったにせよ
頑張りの計画性がなかったにしろ
「今」懸命に頑張っている生徒に否定的な言葉は投げかけられない。

だけど・・・・
心の何処かでは、「出なくていいよ」と言う言葉が「優しさ」なのか・・・とも考えてみたり・・・・。

きっと今年の発表会は、
私にとっても大きな勉強になることは確か。
by asukamusic | 2006-06-15 22:22 | 発表会について | Comments(2)
Commented by うたぴ at 2006-06-16 00:08 x
飛鳥さん、ほとんどコメントしたことがなかったんですけど、
コメントせずにいられませんでした。

大変な時期になっていますね。
わかります!!!!!
もう発表会までカウントダウンに入っているのに、明らかに弾けていない子。。。
幸い前回の発表会はいませんでしたが、
こちらも心を痛めますよね。

きっと、その生徒さんも自分でわかっているはず。
どのくらい弾けていないのかわかりませんが、
人間やろうと思えば、たいていのことは出来る!!!!!!!!!!
がんばって欲しいです・・・。

あぁ、でもこれって、他人事だから言えるのかなぁ。(T▽T)
でも飛鳥さんの気持ち、痛いほどわかります!!!!
Commented by 飛鳥 at 2006-06-16 01:21 x
うたぴちゃん ありがとぉ~
大変な時期になってきました。発表会前の1週間は余裕を持っておさらい程度で済ませたいと思っていたのが・・・なかなか・・・
「どのくらい弾けていないのか」と言うと、1つ2つのミスで済む生徒もいれば、運が良ければ何の曲だかわかる程度に弾けると言う生徒もいるし、さらには譜読みすら終わっていない生徒も・・・。
で、その子達が、やる気もなければ、頑張りも見せない、慌ててもいないと言うのなら、「でなくてよろし!」と、私の気持ちも簡単に答えが見つかるのだけど、この時期になって遅いけど懸命の猛ダッシュをかけているから・・・難しい・・・。
あ゛あ゛あ゛・・・どうすべ・・・・(T∇T) ウウウ
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite