人気ブログランキング |

音のある風景 ~敦賀市のぴあの教室・森田佳代子です~

asukamusic.exblog.jp ブログトップ

発表会

e0063675_2210642.jpg
                     ~ 今年も発表会が終わりました ~
                         頑張ってくれた生徒達
                   ご家庭で子供を支えてくれたご家族の方
                       裏方で協力してくたれお友達
                        応援してくださった先生方

                         ありがとうございました



正直、まだ頭の中が元に戻っていない。
めいっぱい頭も身体も使ったモノだから、冷静さが戻ってきていない・・・といったところ。

今年の発表会は、生徒の出番を増やしたこと。
「発表会」を「やらされている」ではなく、「自分たちが作っている」と言うことを自覚してほしいと言う気持ちと、見に来てくれている家族にとって、見たいのは「我が子」だと思うから。
はじめの挨拶やコーナー説明の司会を4・5・6年生達に託した。
あくまでも私は「影」。
開演前の注意事項や進行の説明は私がしたが、ステージ上ではなく、あくまでもステージの下で。

演奏自体は、見事に緊張して魂が抜けている生徒もちらほら(@^_^)ゞ ポリポリ
テンポが速くなったり、慎重になりすぎたり
それでも精一杯頑張ってくれたと思う。

毎年、頭を悩ませていた「うるさい!」も今年は比較的静か。
例年、会場内をうろうろしたり、ロビーに出て遊び出す生徒がいて、ステージまで騒ぎ声が届くこともあったのだけど、今年はそれも減ってきた。
対策として「感想ノート」を作ったこと。
一般のご来場者には、今まで通り「メッセージカード」を書いて頂いて、
教室の生徒には「感想ノート」を渡して、自分が出番以外で席にいる間、出来るだけ多くの演奏の感想を書いてもらうようにした。

それから、今回の私の一番の課題だった「悩み」も少しずつ答えがみつかる気配。
4月にはほとんど仕上がっていた生徒が、進学による環境の変化に忙しく・・、練習時間が確保できないため発表会が近づくにつれ退化・・・。
人前で胸を張って弾ける状態ではない。
人一倍負けず嫌いで、人一倍完璧を求め、人一倍自分を高めようとするその生徒を、このままの状態でステージに立たせていいものか・・悩んだ。
それに加え、発表会当日は部活の大会も入っている。よほど悪天候でない限り、リハーサルにも発表会に参加できる確率も低い。
でも、彼女はリハーサルに来た。
会場を閉める10分前、車で30分かかる距離をぎりぎり滑り込んでくれた。
当日、大会の実施有無も時間も読めず、はっきりした段会でステージにいる私にメールが入ることになっていた。
開演の13時にはまだ連絡がない・・・。
ステージが進み、後半にさしかかってからお母様からメールが入った。
「途中で状況報告の連絡があるはずなのに、この時間になってもまだ連絡がないため、今日は申し訳ないのだけど参加は無理のようです」と。
でも、その10分後、「今から急いで向かいます」と!
その生徒は自分の出番に間に合った。
演奏はけして胸を張れるモノではないのだけど、私は生徒の気持ちにうたれた。
生徒は大会のコース準備のわずかな間に抜け出してくれた。
その気持ちはどこから来るのだろう。
私なら、弾けていないときどうするだろう。
他の行事と重なったとき、そこまで時間を切りつめることができるだろうか。
「弾けていない」ということを私以上に生徒自身が一番悩んだはず。
生徒を悩ませる前に私自身がやるべき事があったのではないか。

逃げなかったその生徒の正々堂々さと、懸命な頑張りにひとつ大切モノを得ることが出来た。

他にも、大会の空き時間に駆けつけてくれた生徒。
その影で、ご父兄も時間に間に合わそうと必死に駆け回ってくださった。

こうやって他の行事との時間の隙間に抜け出してくれた生徒達が、次の大会の時間に間に合わせるために裏口からステージをあとにするとき、普段はやんちゃでぶっきらぼうの生徒が「ありがとうございました」と私に深々と頭を下げた。
これが私に次の課題を追認識させてくれた。
きっとお礼を言うのは私の方。

子ども達にこの頑張りがある限り、私はもっともっと生徒を高める努力をしなければ・・・と痛感。

ありがとぉ~みんな。


追伸:遠くからわざわざ来てくださったのあんさん、ぴあのんさん、うてばさん、本当にありがとうございました。
by asukamusic | 2006-06-25 22:56 | 発表会について | Comments(10)
Commented by かめちゃん at 2006-06-25 23:43 x
発表会、お疲れさまでした。

今日は、飛鳥さんの発表会だな~と、1日思いながら過ごしていたよ(^^)

毎年、何か変化がある発表会だから
また、明日から次の発表会に向けて、新しい気持ちで進んでくださいね♪

とりあえず、まずは、ゆっくりと休養してくだされ~☆
Commented by 飛鳥 at 2006-06-25 23:48 x
かめちゃん
気にかけてくれていてありがとぉ~(◎⌒ ⌒◎)
ばたばたでめいっぱいの飛鳥が走り回っていました(@^_^)ゞ ポリポリ

明日からまた次に繋げるため突っ走ります~~
まずは今晩は爆睡予定~(* ̄。 ̄*)。。。oO
Commented by ute at 2006-06-26 00:07 x
本当にステキな会を観せて、聴かせて頂いて、ありがとうございました。
何度お礼を言っても言い足りないくらい、お世話になりました。m(_ _)m
こちらをご覧の皆様、飛鳥さんは本当に想像通りのとってもステキな方で、気配りの行き届いた方です。
ずっとずっとお話していたかったです。
どうぞ、ゆっくり休んで下さいね。
Commented by エムエム at 2006-06-26 11:53 x
本当にお疲れ様でした!
色々と悩みが尽きなく、目まぐるしい毎日を送ってこられて
さぞ、お疲れでしたでしょうね。
私も、半年後には発表会。
今から、ハ~ッ!とため息が出たりなんかして
でも終わってみると、やっぱりやって良かったと思いますね。
子供達が一生懸命弾いたあの時間は
色んな思いがこみ上げてきますよね。
まずは、何よりゆっくり休んでくださいね!
また、映像が出来上がった時には、見せてくださいね!ではでは。
Commented by lala_2525 at 2006-06-26 17:05
おつかれさまでした!
記事を読んでいてなんだかうるうる(T_T)しちゃいました。
生徒さん、これて、まにあって、弾けてよかったですね。
かめちゃんさんのように、「発表会どうだったかな〜」なんておもいながら昨日過ごしていました。おつかれさまでした〜。(^-^)
Commented by 飛鳥 at 2006-06-26 20:28 x
uteさん
遠いところをありがとうございました。当日はばたばたし、終わったあとも十分なことは出来ず申し訳なかったです。
のんびり休もうと思っても、そう寝だめって出来るモノではありませんね(@^_^)ゞ ポリポリやっぱり同じ時間に起きてしまいました(@^_^)ゞ ポリポリ
Commented by 飛鳥 at 2006-06-26 20:30 x
エムエムさん
どうにか発表会が終わりました。いろいろこれからに不安もありますが、目の前のモノを一つずつ片づけていくしかないですね。
映像、今年はクリスマス会に続いて自分で編集の予定ですが、まだ手つかずでいます(@^_^)ゞ ポリポリ

エムエムさんは半年後なのですね。
生徒さん達と一緒に頑張っていってくださいねp(*^-^*)q がんばっ♪
Commented by 飛鳥 at 2006-06-26 20:32 x
lalaさん
当日、気にかけてくださってありがとうございます。
生徒の頑張ろうという気持ちが今回はほんとに伝わってきました。完璧に弾けることを望むのは講師として当たり前なのだけど、完璧に弾けていないからと言ってけしてその生徒がさぼっているわけではない、それが懸命な姿だったんだと気づかされました。
この気づきが次への私の課題です~
Commented by もね at 2006-06-27 01:09 x
発表会、お疲れ様でした!!!
部活の大会と重なってしまった生徒ちゃん、偉かったですね!!
私も、私だったらその状況・・・どうだろう・・・と考えてしまいました。
きっと無理して行く必要もないような・・・と早々に諦めてしまいそう・・・。
先生がこんなんじゃダメですね・・・。(^^;)
生徒ちゃんに良い刺激を受けました。

今週1週間、お休みですよね?
ゆっくりしてくださいね~♪(*⌒ー⌒*)
Commented by 飛鳥 at 2006-06-27 08:45 x
もねちゃん
ありがとぉ~。
今時の子供は忙しくて、この子の他にも大会の合間に抜け出してくれた生徒や、午前中は他の行事、午後は発表会、夜は他の習い事のレッスンと大忙しの生徒も。
そんな中で私がそれぞれの生徒のニーズや環境に合わせて精一杯の成果が出せるようにもっともっと考えていかなきゃ~と改めて感じた発表会でした。

今週はお休みです~
ばたばたと残務整理に走り回っています~
でもレッスンがない分時間に余裕があるから身体は楽です~
line

子供たちの笑顔を大切に・・      講師の悪戦苦闘の日記です


by asukamusic
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite